不動産ニュース / その他

2019/7/22

MIR、11月にSSRを吸収合併

 投資法人みらい(MIR)、さくら総合リート投資法人(SSR)は19日、合併に関する基本合意書を締結。11月1日、MIRを存続法人とする吸収合併を行なう。

 SSRにはスターアジア不動産投資法人が合併を提案していたが、7月初旬以後、MIRとの合併案に絞り、同時にスターアジアグループとの比較検証を行なった上で、両投資法人の投資主利益の最大化に資するものと判断。合意に至った。合併比率などの条件は未定。8月6日までに合併契約を結び、11月1日に合併が成立する見通し。SSRは10月30日に上場廃止となる。

 合併後のMIRの資産規模は、47物件・取得価格ベースで2,007億900万円。合併後は、三井物産・イデラパートナーズ(株)が資産運用を担当。強固な財務基盤と投資主利益の最大化に配慮したガバナンス体制を通じ、中長期的な投資主価値の向上を図る。また、今回の合併により、東京圏オフィス比率は46.9%となる見込みで、オフィスを中心とした質の高い総合型REITを目指していく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年1月号
日々の実務に役立つ情報満載です

鹿児島、長野、山形、島根…。自治体と事業者が連携して取り組む、各地の空き家対策を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/12/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

最新号20年1月号の内容を紹介。ショップサイトで購入できます。
編集部レポートは、「官民連携で進む 空き家対策」。全国各地で、自治体と不動産事業者が連携して行なう、多彩な「空き家対策」を取材!自治体の窓口と連携した「空き家相談ホットライン」の運営や、事業者の利益を確保する仕組みづくりなど…、詳細は誌面を要チェック!特集は「ハザードマップ有効活用術」。弊社が独自に実施した、ハザードマップの活用状況等に関するアンケートを掲載しつつ、実務の現場でハザードマップを積極的に活用している事業者の取り組みを紹介します。