不動産ニュース / 開発・分譲

2019/7/31

グリーンボンドを発行/三井不

 三井不動産(株)は30日、「日本橋室町三井タワー」(東京都中央区)の保留床取得資金のリファイナンスを使途とするグリーンボンドを9月に発行する予定であることを発表した。

 グリーンボンドとは、資金調達の使途を環境改善効果のある事業(グリーンプロジェクト)に限定して発行される債権。同物件は、「産業創造」、「界隈創生」、「地域共生」、「水都再生」をコンセプトとする「日本橋再生計画第2ステージ」の旗艦プロジェクトとなる大型複合ビル。東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅地下直結。敷地面積1万1,480平方メートル。地上26階地下3階建て、延床面積約16万8,000平方メートル。

 三井不動産グループは、かねてよりESG経営を推進しており、同物件においても、同社と東京ガス(株)が共同で設立した三井不動産TGスマートエナジー(株)が行なう「日本橋スマートエネルギープロジェクト」の発電施設等を内蔵。それによる電力・熱供給を受けることで省エネ・省CO2を実現、高い防災力を具備している。グリーンボンド発行はESG経営を一層促進しつつ、その方針について幅広いステークホルダーに周知することが目的。

 発行年限は5年、発行額は500億円。同物件の保留床取得資金のリファイナンスとして充当する予定。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

ESG投資原則

投資に当たって、環境(environment)、社会(social)、企業統治(governance)に配慮している企業を重視・選別する原則。投資先の評価において、財務指標のみでなく、環境、社会、企業...

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
新しい住宅トレンドは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/11/17

「記者の目」更新いたしました

地元の魅力を発信する不動産屋さん「プリンスジュン」」を更新しました!
神奈川県中郡二宮町で愛される王子様をご存じですか?普段は仮の姿として不動産業に従事する「プリンスジュン」。その生態をレポートします。