不動産ニュース / イベント・セミナー

2019/9/10

仲介+リフォーム等、ストックビジネス強化へ/C21

 (株)センチュリー21・ジャパンは9日、2019年下期の重点施策を明らかにした。

 (1)ブランド戦略の強化、(2)ストックビジネスの強化、(3)ノウハウの共有を推進する。
 19年1月に発表した新ビジュアル・アイデンティティ(VI)(詳細は1月21日付の記事参照)の刷新・浸透を進め、不動産ニーズの多様化に合わせ、若年層だけでなくシニア層にもターゲットを拡大。なお、新VIにあわせた新たな店舗デザインへの変更の進捗は、7月時点で全加盟店のうち3割程度であるとした。

 ストックビジネスへの転換に向けて、リースバック商品や一括査定・AI査定等を活用した媒介獲得を推奨。既存物件+リフォームの提案ができるよう、リフォームの見積もりが簡単に算出できるソフトの試験運用を開始する。そのほか、高齢者住宅斡旋支援サービスの開発や国際間取引の強化も計画。多様な顧客を獲得できるようにすることで、加盟店のビジネス機会を創出していきたい考え。また、成功加盟店の事例研究を深め、ネットワーク全体での共有を図っていく。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年3月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

日々の業務フローでICTを積極的に活用、業務効率化や集客力アップにつなげている事業者を取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/2/17

「記者の目」更新しました!

『負動産化』を防げ!」更新しました!
いわゆる『負』動産化まで待ったなしなほど、ボロボロだった店舗付き住宅。「まちへの恩返し」との思いから地域のランドマークとして再生した、ある会社の取り組みを取材した。