不動産ニュース / 団体・グループ

2019/9/13

HS協、快適空間判定でビジネスモデル特許出願

フォーラムの模様

 (一社)日本ホームステージング協会は12日、浜松町東京會舘(東京都港区)で「ホームステージングフォーラム2019」を開催。ホームステージングの普及を目的としたビジネスモデル特許を出願したことを明らかにした。

 同協会が出願したのは「快適空間比率」と「快適収納比率」を判定するプログラム。「自分の家にある家具や荷物の量がどれくらいであり、住空間に対して多いか少ないかを把握していないユーザーが多いことから、住空間と家具の快適な割合、収納に対する適正な家財量が分かれば便利ではないか」(同協会代表理事・杉之原 冨士子氏)との考えから、実際の戸建住宅のリビングと子供部屋を使い実証実験を行ないプログラム化した。

 プログラムでは、部屋の容積に対する家具容積の比率(快適空間比率)が25%以下を「快適」とし、家具が多いか少ないかを判断する。また、家具容積の80%を「快適収納比率」と定め、家財量がその比率に対してどれだけかを示し、オーバーする場合は「移動」「保管」「廃棄」を提案する。このプログラムに基づいたアプリを開発して会員に提供する。

 フォーラムには、ホームステージャーや法人会員関係者など約120名が参加。杉之原氏が、今後の活動方針等について説明した。同協会が講座受講者に対して認定している「ホームステージャー」は、2級認定者が3,017名(18年11月:2,527名)、1級198名(同:152名)と引き続き増加。法人会員も48社(42社)へ増加した。地域特性に応じたホームステージング教育のための「認定講師会」を10月に発足。12名で活動していく。

 また、ホームステージャー1級カリキュラムを、受講者が属する業界別に、住まいにかかわる「ホーム」と、暮らしにかかわる「ライフ」と分け、20年度からコース別のカリキュラムとするほか、1級2級とも前記のビジネスモデルの考えを講習に取り入れる。

この記事の用語

ホームステージング

売却予定の建物の円滑な売却に資するべく、部屋にインテリア等を配置するなどしてその物件に魅力を付加するサービスをいう。英語のHomestaging。ホームステージングに使われるインテリアは、家具、照明器具、カーテン、小物類が中心で、主要なスペースに限って配置する場合もある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年1月号
日々の実務に役立つ情報満載です

鹿児島、長野、山形、島根…。自治体と事業者が連携して取り組む、各地の空き家対策を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/12/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

最新号20年1月号の内容を紹介。ショップサイトで購入できます。
編集部レポートは、「官民連携で進む 空き家対策」。全国各地で、自治体と不動産事業者が連携して行なう、多彩な「空き家対策」を取材!自治体の窓口と連携した「空き家相談ホットライン」の運営や、事業者の利益を確保する仕組みづくりなど…、詳細は誌面を要チェック!特集は「ハザードマップ有効活用術」。弊社が独自に実施した、ハザードマップの活用状況等に関するアンケートを掲載しつつ、実務の現場でハザードマップを積極的に活用している事業者の取り組みを紹介します。