不動産ニュース / 開発・分譲

2019/9/18

銀座五丁目のガーデンホテル、26日に開業/三井不ほか

「三井ガーデンホテル銀座五丁目」外観

 三井不動産(株)と(株)三井不動産ホテルマネジメントは、「三井ガーデンホテル銀座五丁目」(東京都中央区、客室数338室)を9月26日に開業する。

 東京メトロ・都営地下鉄「東銀座」駅徒歩1分、東京メトロ「銀座」駅徒歩4分、昭和通りに面し歌舞伎座や新橋演舞場へ至近の立地。鉄骨造地上15階建て。「伊達を装う街並みに、人が集う『舞台』を」をコンセプトに、フロントロビー、ラウンジ、客室に「歌舞伎」のモチーフを採用。伝統工芸・文化をモダンにアレンジしたアートを配置するなど、随所に“江戸の粋”が感じられる空間を演出した。

 外観は銀座の街並みに調和するように素朴なベージュ色の縦格子で構成されたシンプルなデザインを採用。館内設備は、2階に銀座エリアの同社施設で初となる大浴場、外国人長期滞在者からニーズが高いフィットネスジムなどを設けた。

 客室(3階~15階)は、ダブルタイプやツインタイプを中心に、6種類のタイプで構成。銀座エリアで手薄だったグループやファミリー層への対応を考慮し、トリプル26室を含め、3名で宿泊可能な客室を65室用意した。

 17日に開催したマスコミ向け内覧会で、同ホテル総支配人の川幡直樹氏は「予約状況は順調。狙い通りトリプルの人気が高い。アジア系を中心にインバウンド比率は想定8割、おおむねその通りに推移している」などとコメント。目標については、3年目以降で85%の稼働率、平均客室単価約2万円を掲げた。

 なお、三井不動産グループが銀座エリアで運営するホテルは、同ホテルで4施設目、計1,132室となった。

藍色の歌舞伎「連獅子」デザインのモデレートツイン
女性用大浴場。壁面に日本の伝統文化をモチーフとしたアートを配置している

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年3月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

日々の業務フローでICTを積極的に活用、業務効率化や集客力アップにつなげている事業者を取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/2/25

「記者の目」更新しました!

分譲マンションにも『働き方改革』の波」配信しました。
近年、「ワークスペース」をウリにした新築マンションが増えてきているのをご存じだろうか。その背景には、共働き世帯の増加や、テレワーク、副業など多様な働き方の定着がある。今回、郊外型・都市型マンションそれぞれで、ワークスペースを設けたマンションを紹介。その工夫と特徴をレポートする。