不動産ニュース / 仲介・管理

2019/10/15

「長崎」駅圏に新拠点開設/日本リージャス

新拠点を開設した「長崎BizPORTセンター」外観

 (株)ティーケーピー(TKP)の100%子会社である日本リージャスホールディングス(株)は、シェアオフィス・レンタルオフィス・コワーキングで構成する「リージャス長崎BizPORTセンター」(長崎県長崎市)をオープンした。長崎では初の拠点開設で、リージャスの施設としては九州・沖縄エリアで16拠点目となる。

 同施設はJR「長崎」駅より徒歩8分、長崎電鉄「五島町」停留所徒歩2分に立地。2019年春に竣工したオフィスビル「長崎BizPORT」の2階に入居した。総面積は501.45平方メートル。

 22年に予定される九州新幹線の延伸に伴う長崎駅拡張計画により、再開発エリアとして注目を集めているエリア。県の企業誘致等もあり、金融機関や保険会社の集積もみられ、オフィス需要のポテンシャルが高い。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年8月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

アフタ/ウィズコロナ時代の事業手法とは?いま必読の企画です。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年8月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
特集「『コロナ』で不動産業はどう変わる?」では、分譲マンション、流通、管理など各分野の企業に取材し、アフター/ウィズコロナ時代の事業手法を探りました。今後の事業経営のヒントに。寄稿「ウィズ&アフターコロナのBCP対策」では、感染症拡大を踏まえたBCP策定、実践方法について分かりやすく解説します。ぜひご一読を。