不動産ニュース / IT・情報サービス

2019/10/31

理想の間取りをAIで検索/三井不リアル

トップ画面イメージ

 三井不動産リアルティ(株)は31日、顧客が間取り図を作成して、理想の間取りに近い物件を手軽に検索できるシステム「間取サーチAI(マドリサーチエーアイ)」を「三井のリハウス」ウェブサイトで公開した。

 不動産仲介業向けのシステム開発などを手掛けるアヴァント(株)(東京都中野区、代表取締役CEO兼CTO:鈴木将親氏)と共同で開発した。顧客自身がウェブサイト上で作成した「理想の間取図」と類似度が高い間取りの物件を、「三井のリハウス」ウェブサイトに掲載されている売却中の物件の中から探し出して一覧表示する。

 スマートフォン専用の機能で、部屋の方位も自由に設定が可能。手書き感覚で誰でも手軽に利用することができる。アヴァントが提供する独自の画像処理技術を用いて、同社の取扱い物件の間取図に対して行なった、AIによる機械学習で得られた結果を基に、洋室や和室などの部屋の種別と位置関係を認識することで、画像検索を実現した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年7月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

緊急事態宣言下の地域事業者の奮闘を取材!新たなビジネスアイディアも。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/3

「記者の目」更新しました!

生活困窮者の救いの手を(その2)」配信しました。
NPO法人との両輪で、生活困窮者に「住まい」と「食」を提供する、ある不動産事業者がいる。緊急事態宣言下の5,、解除後の6月と2度に渡り取材を行ない、同社の奮闘を追った。