不動産ニュース / 開発・分譲

2019/11/1

十日市場の住宅開発、21年度に着工/相鉄・伊藤忠

 相鉄不動産(株)と伊藤忠都市開発(株)は10月31日、横浜市との間で「十日市場センター地区22街区」(横浜市緑区)の住宅開発に係る、事業実施協定及び土地(私有地)売買仮契約を締結した。

 同事業は、緑区十日市場町周辺地域の課題解決を目的に、十日市場ヒルタウン内の市有地の民間活力を導入した再開発の一環。

 両社は、「みんなで育ち、育むまちのくらし」をテーマに、「子育て世帯が暮らし続けられる住環境」、「子ども・子育てを支援し交流を促進する施設」、「子育て世帯の参画を促進するコミュニティマネジメント」等を整備して、SDGs未来都市の実現を目指す計画を提案。2019年8月に事業予定者として選定されていた。

 19年度中に土地(市有地)の売却について市会の決議後、本契約に移行。21年度の工事着工、23年度の供用開始を予定している。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年8月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

アフタ/ウィズコロナ時代の事業手法とは?いま必読の企画です。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年8月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
特集「『コロナ』で不動産業はどう変わる?」では、分譲マンション、流通、管理など各分野の企業に取材し、アフター/ウィズコロナ時代の事業手法を探りました。今後の事業経営のヒントに。寄稿「ウィズ&アフターコロナのBCP対策」では、感染症拡大を踏まえたBCP策定、実践方法について分かりやすく解説します。ぜひご一読を。