不動産ニュース / 調査・統計データ

2019/11/21

首都圏既存マンション価格、前月比1.2%の下落

 (株)東京カンテイは21日、2019年10月の三大都市圏中古(既存)マンション70平方メートル換算価格の月別推移を発表した。

 首都圏の既存マンション価格は3,682万円(前月比1.2%下落)とマイナスに転じた。都県別では、東京都が5,023万円(同2.7%下落)、神奈川県が2,854万円(同2.8%下落)と、比較的大きく水準を下げた。一方、埼玉県は2,297万円(同0.5%上昇)、千葉県は2,065万円(同0.4%上昇)と、小幅ながらプラスを示す結果に。埼玉県に至っては緩やかな上昇傾向で推移している。

 近畿圏は2,369万円(同0.1%上昇)とわずかな強含みに留まっており、2,300万円台の半ばに達して以降は上値が重くなりつつある。大阪府は2,560万円(同変動なし)と横ばいで、5月以来の上昇傾向は一服した。兵庫県は2,105万円(同1.0%上昇)と再び上昇したことで、7月に記録していた最高値(2,092万円)を10万円ほど上回った。

 中部圏は1,925万円(同3.2%下落)と下落。愛知県は2,082万円(同4.6%下落)と大幅に下落したが、これは名古屋市での築古事例や愛知県以外での事例が増加した影響とみられる。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

マンション

日本におけるマンションは、一般的には、鉄骨コンクリート造または鉄骨鉄筋コンクリート造で、3階建て以上の分譲共同住宅・賃貸共同住宅を指している。ただし、賃貸共同住宅の場合にはPC造・重量鉄骨造であっても、マンションと呼ばれることがある。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年1月号
日々の実務に役立つ情報満載です

鹿児島、長野、山形、島根…。自治体と事業者が連携して取り組む、各地の空き家対策を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/12/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

最新号20年1月号の内容を紹介。ショップサイトで購入できます。
編集部レポートは、「官民連携で進む 空き家対策」。全国各地で、自治体と不動産事業者が連携して行なう、多彩な「空き家対策」を取材!自治体の窓口と連携した「空き家相談ホットライン」の運営や、事業者の利益を確保する仕組みづくりなど…、詳細は誌面を要チェック!特集は「ハザードマップ有効活用術」。弊社が独自に実施した、ハザードマップの活用状況等に関するアンケートを掲載しつつ、実務の現場でハザードマップを積極的に活用している事業者の取り組みを紹介します。