不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2019/11/26

主力の賃貸事業は好調に推移/森ビル20年3月期2Q

 森ビル(株)は26日、2020年3月期中間決算(連結)を発表した。

 当期(19年4月1日~9月30日)は、営業収益1,203億円(前年同期比9.2%減)、営業利益305億円(同15.2%減)、経常利益272億円(同21.0%減)、当期純利益180億円(同16.3%減)。ビル売却の引き渡し時期が下期寄りとなり減収減益となったが、各事業は期初の予定通り順調に推移した。

 主力の賃貸事業は、オフィス・住宅ともに高稼働・高単価を維持し、好調に推移。「MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderless」等の高集客も収益に寄与し、営業収益は771億円(同2.6%増)。

 分譲事業は、ビル引き渡し時期の影響により営業収益185億円(同45.7%減)。施設営業事業は、ホテル事業が稼働率、単価ともに高い水準で推移し、営業収益149億円(同1.3%増)。海外事業は、オフィス等は高稼働を継続しつつも、為替変動の影響により営業収益122億円(同10.9%減)。

 下期は、20年1月に大規模オフィス「虎ノ門ヒルズ ビジネスタワー」をほぼ満室で竣工する予定で、業績への貢献を見込む。また、11月25日に「(仮称)虎ノ門ヒルズ ステーションタワー」を着工した。

 通期の業績予想については、営業収益2,560億円、営業利益620億円、経常利益は580億円、当期純利益は370億円で増収増益を見込む。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/5

「月刊不動産流通2024年6月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年6月号」の発売を開始しました!

編集部レポート「官民連携で進む 空き家対策Ⅳ 特措法改正でどう変わる」では、2023年12月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」を国土交通省担当者が解説。

あわせて、二人三脚で空き家対策に取り組む各地の団体と自治体を取材しました。「滋賀県東近江市」「和歌山県橋本市」「新潟県三条市」「東京都調布市」が登場します!空き家の軒数も異なり、取り組みもさまざま。ぜひ、最新の取り組み事例をご覧ください。