不動産ニュース / その他

2019/12/3

日比谷にサービスオフィス/オリックス

「クロスオフィス日比谷」ラウンジのイメージ

 オリックス(株)は2日、「クロスオフィス」ブランドで展開しているサービスオフィスの新拠点「クロスオフィス日比谷」(東京都千代田区)を2020年2月に開業すると発表した。

 東京メトロ丸の内線・日比谷線・千代田線「霞ケ関」駅直結の「飯野ビルディング」9階に位置。フロア面積は約2,355平方メートル。

 クロスオフィスの特徴である拡張性とセキュリティを重視した定員1~25名の個室オフィス69室と、半個室の専用デスク21席、約80席のコワーキングスペースで構成。入居者共用の設備として有人レセプション、6~10名定員の会議室3室、24時間365日利用可能なラウンジを設ける。

 利用料金は未定。同オフィスの開業により、クロスオフィスは全7拠点となる。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/22

「記者の目」更新いたしました

社員が会社に来たくなる」を更新しました。ニューノーマルな働き方の実現や、スタッフのパフォーマンスを最大限に発揮できるABW要素の体現等のテーマを引っさげ21年夏に完成した、三井デザインテックの新オフィスをレポートします。コロナ禍なのに社員から、「会社に行きたい」との声が挙がる、そのオフィスとは…?