不動産ニュース / 開発・分譲

2019/12/3

新生「東急プラザ渋谷」、5日に開業

「東急プラザ渋谷」2F入り口
「旧東急プラザ渋谷に来ていただいていた人も、改めて楽しめる施設にしたい」と話す長尾支配人

 東急不動産(株)は、「東急プラザ渋谷」(東京都渋谷区)を5日にオープンする。それに先駆け、3日、メディア向け内覧会を行なった。

 JR等「渋谷」駅から徒歩1分、同社が組合員として参画し推進してきた「旧東急プラザ渋谷」の建て替えプロジェクト「渋谷フクラス」の中核施設。2~8階、17・18階で展開する。「旧東急プラザ渋谷」は、建て替えのため2015年に閉店していた。

 「若者のまち」のイメージが強い渋谷において、「大人をたのしめる渋谷」をコンセプトに、あえて40歳以上の「大人」をメインターゲットに据えた。「食」「健康」「美」「趣味」「ライフプラン」をキーワードにした69店舗が出店する。

 2~4階には、心と身体の美と健康をテーマに、飲食、コスメ、雑貨店等が出店。また、2階施設入り口には渋谷の新たな待ち合わせスポットとして、巨大モニターで「ハチ公」のデジタルアートが見られる「GMOデジタル・ハチ公square」を設けた。Pepperが接客を行なうレストラン「Pepper PARLOR」の第1号店は5階に出店。6・7階は大人が普段使いしやすい店を集めた飲食店フロアに。8階には東急リバブルの店舗が、17階には、東急不動産の会員制シェアオフィス「Business-Airpor(ビジネスエアポート)」の10店舗目が出店する。

 また、17階にはルーフトップガーデン「SHIBU NIWA」を設置した。「SHIBU NIWA」には豊富な緑や、さまざまな椅子を配し、スクランブル交差点など、渋谷のまち並みを見渡せるくつろぎの空間としている。
 「SHIBU NIWA」から外階段を利用して移動できる18階には、渋谷のまちを楽しみながら食事がとれるスペースとして、マリーナベイ・サンズ等に出店する「CELAVI」のルーフトップダイニングを誘致した。

 内覧会で挨拶した同施設総支配人の長尾康宏氏は、「15年に一時閉店した際は、ユーザー様から2,500通ものお手紙をいただいた。そうしたユーザー様にまた楽しんでもらえ、また、これまで訪れていなかった人にも来ていただけるような施設にしていきたい」などと挨拶した。

「SHIBU NIWA」。椅子を沢山設置し、くつろげる空間とした
「Pepper PARLOR」。Pepper君が注文、支払いを受け付ける

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年1月号
日々の実務に役立つ情報満載です

鹿児島、長野、山形、島根…。自治体と事業者が連携して取り組む、各地の空き家対策を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2019/12/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

最新号20年1月号の内容を紹介。ショップサイトで購入できます。
編集部レポートは、「官民連携で進む 空き家対策」。全国各地で、自治体と不動産事業者が連携して行なう、多彩な「空き家対策」を取材!自治体の窓口と連携した「空き家相談ホットライン」の運営や、事業者の利益を確保する仕組みづくりなど…、詳細は誌面を要チェック!特集は「ハザードマップ有効活用術」。弊社が独自に実施した、ハザードマップの活用状況等に関するアンケートを掲載しつつ、実務の現場でハザードマップを積極的に活用している事業者の取り組みを紹介します。