不動産ニュース / 開発・分譲

2019/12/10

原宿の複合商業施設、IKEA等がオープン

「WITH HARAJUKU」イメージ

 NTT都市開発(株)は、開発を進めている複合施設「WITH HARAJUKU」(東京都渋谷区)の概要を発表した。

 開発地は、JR「原宿」駅、東京メトロ千代田線「明治神宮前」駅徒歩1分。

 鉄骨鉄筋コンクリート造等地上10階地下3階建て、敷地面積5,067.99平方メートル、延床面積約2万6,600平方メートル。「未来を紡ぐ“たまり場”」をコンセプトに、地下2階~地上3階・8階は店舗、3階はイベントホール「WITH HARAJUKU HALL」とシェアスペース「LIFORK 原宿」、4階以上は賃貸レジデンス「WITH HARJUKU RESIDENCE」で構成する。

 店舗は、原宿駅に面する通りには、日本初の都市型店舗となる「IKEA原宿」、新タイプの大型店舗「ユニクロ 原宿店」、資生堂による「Beauty Square」や「オッシュマンズ 原宿店」といった雑貨・ファッション店の他、レストランやカフェなどが出店する。また、8階にはパークビューレストラン「資生堂パーラー ザ・ハラジュク」がオープンする。

 3階には約300平方メートルのイベントホール「WITH HARAJUKU HALL」とシェアスペース「LIFORK原宿」を設置。2~3階にかけて、屋外の広場空間「WITH HARAJUKU PARK」を設け、今後さまざまなイベントを開催することで、新しい価値を生み出して発信する“たまり場”を創造し、原宿の持つ文化発信地として役割を果たしていく。

 賃貸レジデンス「WITH HARJUKU RESIDENCE」は、“自己発信の出発点となる住まい”をコンセプトに、専有面積約40~120平方メートルの幅広いバリエーションを用意。また、共用部として入居者専用のラウンジを設ける予定。

 「LIFORK原宿」と「WITH HARAJUKU HALL」は、2020年4月開業、「WITH HARJUKU RESIDENCE」は同年5月入居開始の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年2月号
日々の実務に役立つ情報満載です

特集では、2019年の不動産業界をめぐる出来事を総ざらい!ぜひご一読を。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/1/7

「記者の目」更新しました!

あえて“2割”が欲しがるマンション」更新しました!
今後消費の中心となるミレニアル世代向けに、各社が同世代向け住宅やホテル開発を活発化させています。「デジタルネイティブ」と呼ばれる彼らは、それ以前の世代と比べ価値観も大きく異なります。今回は、あえて“少数意見”に着目して開発したマンションプランを紹介!開発のポイントは……「アンバランス」!?