不動産ニュース / 開発・分譲

2019/12/26

大阪・中之島で未来医療の拠点を整備

「未来医療国際拠点」の完成予想図

 日本生命保険相互会社、京阪ホールディングス(株)、関電不動産開発(株)で構成する3社グループは25日、大阪市、大阪府、(一財)未来医療推進機構と基本合意書を締結し、「中之島4丁目用地における未来医療国際拠点整備・運営事業」(大阪市北区)に、開発事業者として参画すると発表した。同グループは2月、大阪市が主催したプロポーザルにおいて優先交渉権者に選定されていた。

 同事業は、大阪市の市有地を同社グループが借り受け、「未来医療国際拠点」の建物を整備して保有。未来医療推進機構に賃貸するもの。「未来医療国際拠点」とは、未来医療にかかわる人材や最先端の情報が集まる拠点として、R&Dセンター、MEDセンター、国際フォーラムの3施設で構成する。敷地面積は8,600平方メートル、建物は鉄骨造地上17階建て、延床面積は約5万8,000平方メートルを計画している。

 竣工は2023年12月の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年5月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

法律の専門家が、改正民法における実務上の注意点をQ&A方式で分かりやすく解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/4/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年5月号」が好評発売中!ご購入は弊社ショップサイトから。
解説「民法改正 ここだけは押さえておこう!10のポイント」では、法律の専門家が、改正法における実務上の注意点についてQ&A方式で分かりやすく解説。編集部レポート「『二地域居住』『ワーケーション』で地方創生」では、近年注目を浴びるデュアルライフやワーケーションのニーズに応えつつ、地域へヒト・モノの誘致を図る取り組みを実践する事業者を取材しました!