不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/1/14

首都圏住宅地価格、変動率3期連続のプラス

 野村不動産アーバンネット(株)は14日、2020年1月1日時点の首都圏「住宅地価格動向」調査結果を発表した。調査地点数は168ヵ所。

 19年10~12月期の平均変動率はプラス0.1%(前回プラス0.1%)と、3四半期連続のプラスとなった。エリア別にみると、東京都下がプラス0.5%(同プラス0.4%)、千葉県がプラス0.5%(同プラス0.0%)と上昇。東京都区部がマイナス0.0%(同プラス0.1%)、神奈川県がマイナス0.4%(同プラス0.0%)と下落。埼玉県がプラス0.0%と横ばいだった。

 「値上がり」を示した地点が7.7%(同5.4%)、「値下がり」が4.8%(同0.6%)と増加。「横ばい」が87.5%(同94.0%)と減少。

 年間ベースでの首都圏エリア平均の変動率はプラス0.3%(同プラス0.1%)とプラスを維持。「値上がり」を示した地点が13.1%(同10.7%)、「値下がり」が10.7%(同8.9%)と増加。「横ばい」が76.2%(同80.4%)と減少した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年2月号
日々の実務に役立つ情報満載です

特集では、2019年の不動産業界をめぐる出来事を総ざらい!ぜひご一読を。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/1/7

「記者の目」更新しました!

あえて“2割”が欲しがるマンション」更新しました!
今後消費の中心となるミレニアル世代向けに、各社が同世代向け住宅やホテル開発を活発化させています。「デジタルネイティブ」と呼ばれる彼らは、それ以前の世代と比べ価値観も大きく異なります。今回は、あえて“少数意見”に着目して開発したマンションプランを紹介!開発のポイントは……「アンバランス」!?