不動産ニュース / 政策・制度

2020/1/23

防災都市づくり推進計画の改定でパブコメ

 東京都は、2月17日まで「防災都市づくり推進計画の基本方針の改定案」のパブコメを募集している。

 地震に強く、大地震が発生した場合にも被害を最小化する防災都市づくりを進めるため、2016年3月に「防災都市づくり推進計画」を策定、不燃化特区制度の活用や特定整備路線の整備などにより、木造住宅密集地域の改善などに取り組んできた。

 今回の改定案では、特に甚大な被害が想定される整備地域を対象に、10年間の重点的・集中的な取り組みとして実施してきた、不燃化特区制度の活用や特定整備路線の整備について、取り組みを5年間延長し、引き続き、整備地域の不燃化を強力に推進。木造住宅密集地域においては、敷地の細分化防止や建築物の不燃化を図っていくとともに、農地を有し、将来の宅地化も想定される地域について、必要に応じ、防災性の維持・向上を図り、安全で良好な住環境を形成する。さらに、木造住宅密集地域等の改善に併せて、地域の特性に応じた創意工夫による魅力的なまち並みの住宅市街地への再生を促進するとした。

 計画期間として、整備方針や計画の推進体制の構築などに21年度から30年度までの10年間、基本方針を基にした整備計画を定める期間として21~25年度の5年間を設定した。

 意見の提出方法はホームページ参照。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

不燃化特区(不燃化推進特定整備地区)

東京都の制度で、木造密集地域のうち不燃化のために特別の支援を行なうべく指定された地区をいう。特別区の申請に基づいて東京都が指定する。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年3月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

日々の業務フローでICTを積極的に活用、業務効率化や集客力アップにつなげている事業者を取材!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/2/17

「記者の目」更新しました!

『負動産化』を防げ!」更新しました!
いわゆる『負』動産化まで待ったなしなほど、ボロボロだった店舗付き住宅。「まちへの恩返し」との思いから地域のランドマークとして再生した、ある会社の取り組みを取材した。