不動産ニュース / 仲介・管理

2020/3/13

東急不の分譲マンション、管理業務を一部無人化

 東急不動産ホールディングス(株)は13日、グループの東急不動産(株)と(株)東急コミュニティ―が分譲マンションの管理業務の一部をスマート化するシステム「BRANZ スマート管理」を開発したと明らかにした。

 同システムは、(株)ファミリーネット・ジャパンおよびパナソニック(株)の協力を得て、建物点検や住民への情報伝達といったマンション管理の業務をAI・IoTを活用して自動化するもの。管理員の主要年齢層であるシルバー層の採用が厳しさを増していることから、同システムによってサービスレベルを維持しながら管理員の無人化を図っていく。

 インターホンシステムを活用し、管理員が不在の場合でも風除室の集合玄関キーから管理会社スタッフの呼び出しをできるようにするほか、住戸内から管理会社やアフターサービス窓口への通話を可能にする。また、掲示板をデジタルサイネージにすることで、掲示物の張り替え業務をなくし、従来の棟内への伝達事項に加え、鉄道遅延情報や近隣の買い物情報といった幅広い情報をタイムリーに表示できるようになる。

 初弾として4月に竣工予定の新築分譲マンション「ブランズ甲子園口三丁目」(兵庫県西宮市、総戸数26戸)に導入する予定。従来の有人管理に比べて管理の削減効果を見込む。

 今後、利用状況等を見ながらサービス改善を続け、新築マンションを中心に導入を進めていく。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/7

「記者の目」更新しました!

沿線の“地域愛”を醸成する」配信しました。
少子高齢化や人口減少が進む中、電鉄系会社では沿線地域の魅力を積極的に発信し、顧客をまちに定着させることが重要となってきます。独自性のある広告展開でそれに挑む、小田急不動産(株)の取り組みを取材しました。