不動産ニュース / 開発・分譲

2020/3/30

住友不、「中野」駅前に再開発ツインタワー

「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図

 住友不動産(株)は30日、参加組合員として参画する「中野二丁目地区第一種市街地再開発事業」の着工を発表した。

 同事業は中野二丁目地区市街地再開発組合が施行。市街地再開発事業と土地区画整理事業の一体的施行の手法を使い、駅前広場の拡張整備、駅周辺の交通動線整備等を進め、JR等「中野」駅南口周辺のにぎわい創出を目的とする。

 開発地は「中野」駅南口駅前の中野二丁目土地区画整理事業内に所在する。全体の区域面積は約2.4ha。更新時期を迎えた公社住宅一帯の再開発により、商業・業務棟、都市型住宅を整備し、土地の高度利用と都市機能の更新を進める。

 再開発事業はこのうち面積約1ha。建物は住宅とオフィス棟のツインタワーで、2棟合わせた延床面積は約9万9,000平方メートル。住宅棟(総戸数400戸)は地上37階地下1階建て、延床面積約1万4,900坪。オフィス棟は地上20階地下2階建て、延床面積約1万5,000坪、総貸室面積約8,000坪。共に、低層部には店舗を配置する。このほか、敷地内に広場や歩道状空地などの歩行者空間を整備する。2つの広場は約500平方メートルと約1,100平方メートル。

 市街地再開発事業の建物が竣工するのは2024年2月、25年度には土地区画整理事業の南口駅前広場の工事が完了する予定。

この記事の用語

土地区画整理事業

市街地を面的に整備するために、土地の区画形質の変更や公共施設の整備を行なう事業の一つで、土地区画整理法に従って実施されるものをいう。この事業の実施によって、例えば、不整形な土地や袋地が解消され、道路や公園が整備されることとなる。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.373 変わる食の風景と「ニュー・ノーマル」【マレーシア】」配信しました!
マレーシアは「外食天国」と呼ばれるほど、飲食店が多い国。開放的な簡易食堂や集合屋台、フードトラックなどなど、その業容のさまざま。しかし、コロナ禍で飲食をめぐる環境が一変。現地ライターがレポートします。