不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/4/2

新型コロナでテレワーク、制度ありでは50%超

 国土交通省は3月31日、「テレワーク人口実態調査」の結果を公表した。

 同省では、テレワーク関係府省(内閣官房、内閣府、総務省、厚生労働省、経済産業省)と連携してテレワークの普及推進に取り組んでおり、今後の促進策に役立てることを目的に、毎年就業者を対象に同調査を実施。今年度は2019年10~11月にWEB調査を実施し、 有効サンプルとして4万人から回答を得た。

 調査結果では、テレワークという働き方を「知っていた」と回答した人は昨年度29.9%から32.7%となり、テレワークの認知度は年々上昇傾向にあることが分かった。一方、雇用型就業者のうち、テレワーク制度等に基づくテレワーカーの割合は、昨年度の10.8%から9.8%と微減した。

 新型コロナウィルス感染症対策の一環として実施された雇用型就業者のテレワーク(在宅勤務)については、テレワーク制度等に基づく実施割合が52.0%、制度等がないテレワーカーでは14.8%、これまでに実施したことがなかった非テレワーカーでは7.9%となり、制度等がある方の実施割合が高い結果となった。

 また、今回はじめてテレワーク(在宅勤務)を実施した人の割合は5.2%。実施した人で何らかの問題が生じた人の割合は、通常通り実施している人は4割強だったが、「今回はじめて実施」、「実施したことはあったが今回あらためて実施」した人では約8割と、非常に高くなった。事前の準備や日頃からのテレワークの実施が重要であることがあらためて確認された。
 実施する上での問題点については、「会社でないと閲覧できない資料やデータなどがあった」や、「営業・取引先等、同僚・上司等との連絡や意思疎通」を挙げた人が多かった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年6月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

各種法律の改正点、実務上の注意点を分かりやすく解説します。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/5/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年6月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
解説「令和2年度 住宅・土地税制改正のポイント」では、民法(相続法)、土地基本法(案)、建築物省エネ法などの改正点、実務上の注意点を分かりやすく解説!併せて、「取得」「保有」「運用」「譲渡」「相続・贈与」といった場面ごとの税制特例も網羅します。資料編として、税額表も各種計算例も掲載。ご一読いただき、日々の実務にお役立てください。