不動産ニュース / 団体・グループ

2020/4/14

「緊急事態宣言」発令受け、業界団体も対応

 7日に発令された「緊急事態宣言」を受け、不動産業界団体も新型コロナウイルスへの対応を打ち出し始めた。(4月14日時点、当社調べ、順不同)

◆(公社)全国宅地建物取引業協会連合会
・契約書式等の相談業務の休止(5月8日までを予定)
・弁護士による電話法律相談業務(会員限定)の休止(同)
・4月20日開催予定の税理士による電話税務相談業務の休止
・職員の時差出勤、在宅勤務をより一層推進し、勤務体制の見直し
・7月末まで開催予定だった「不動産キャリアパーソン講座」修了試験の中止および受講期限の延長措置(2021年3月31日まで)

◆(公社)全日本不動産協会
・総本部事務局の業務時間を10時30分~15時30分に短縮(5月6日まで)
・全日不動産相談センターは業務を中止(同)
・会員向け契約書関係操作のコールセンター業務はホームページに設けたフォームから受け付ける(同)

◆(一社)不動産流通経営協会
・政府による出勤者数8割削減の目標を受け、5月6日まで事務局職員1人当たり週に1~2回の勤務シフトを組み、残りの職員は在宅勤務とする

◆(一社)不動産協会
・総会(5月20日)は開催予定だが、総会後の懇親会は中止
・職員は在宅勤務の励行し、必要最低限の出社(勤務時間の短縮)を実施
・事務局の勤務態勢を縮小しているため、問い合わせ集中等により連絡がつきにくい事態を想定し、ホームページでその旨を掲載する予定
・主宰する会合は、緊急事態宣言中は書面決議による対応、もしくは、中止または延期とする

◆(一社)日本ビルヂング協会連合会
・事務局体制を縮小、一部在宅勤務に。問い合わせは原則メール対応に
・第80回定時総会関連行事を中止(「中小ビルの経営を考える集い」と懇親パーティ(6月2日)、創立80周年記念講演会、創立80周年記念パーティー(6月3日)、懇親旅行会、懇親ゴルフ会(6月4日))、6月3日の定時総会は参加人員を縮小して予定通り開催

◆(公財)不動産流通推進センター
・「公認 不動産コンサルティングマスター」更新手続き締切日を延期(9月30日まで、3月2日時点で6月30日までとしていたところさらに延期)
・更新要件に関わる各講習等について、5月実施予定分はすべて延期(延期後の日程未定)

◆(公財)日本賃貸住宅管理協会
・5月6日まで、職員は輪番制の在宅勤務とし、電話受付時間は通常9:30~18:30のところ、10:00~17:30とする
・6月16日(火)東京・明治記念館(東京都港区)にて開催予定の「令和2年度 会員総会・懇親交流会」の開催を延期

◆(一社)マンション管理業協会
・ホームページにて「マンション管理会社の感染症等流行時対応ガイドライン」等を掲載
・管理業務主任者、マンション維持修繕技術者の法定講習・認定講習等、4月30日までの開催分を延期

◆(一社)不動産証券化協会
・職員は在宅勤務を基本とする
・状況に応じて、電話受け付けを留守番電話で対応する

◆(一社)全国住宅産業協会
・一部職員が在宅勤務を実施

◆(一社)住宅生産団体連合会
・住団連事務局は、当番制で出勤
・他全員はテレワークとしている(この出勤体制は、毎週金曜日の状況で次週の方針を決めることとしている)

◆(一社)プレハブ建築協会
・当面、事務局職員は出勤を控えメールで対応

◆(一社)日本ツーバイフォー建築協会
・在宅勤務を実施中(5月6日まで)

◆(一社)日本木造住宅産業協会
・緊急事態措置の期間(~5月6日)は、受講者および講師の感染リスクを考慮し、同協会主催の講習会・セミナーは中止・延期
・本部事務局は当分の間、全職員を対象に、原則、在宅勤務。問い合わせ対応は、メールのみ

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.373 変わる食の風景と「ニュー・ノーマル」【マレーシア】」配信しました!
マレーシアは「外食天国」と呼ばれるほど、飲食店が多い国。開放的な簡易食堂や集合屋台、フードトラックなどなど、その業容のさまざま。しかし、コロナ禍で飲食をめぐる環境が一変。現地ライターがレポートします。