不動産ニュース / 仲介・管理

2020/4/15

都内の物件をオンラインで案内/ミニミニ中央

 東京都心部の賃貸物件の仲介事業を行なう(株)ミニミニ中央は13日、スマートフォンで部屋探しの相談ができる「オンライン接客」サービスの提供を開始した。

 顧客が店舗を訪問しなくても、オンラインで部屋探しができるよう、不動産会社向けオンライン会議ツールを利用して賃貸物件の紹介・提案を実施。内覧希望があれば、同社スタッフが物件を訪問し、テレビ電話で内装等を紹介する。契約時、IT重説にも対応する。

 新型コロナウイルスの影響により外出自粛要請が発令されたことを受け、提供に踏み切った。主な物件紹介地域は、東京都新宿区・豊島区・文京区・台東区・千代田区・中央区・墨田区・江東区。外出自粛要請が出されている地域に住むユーザーだけでなく、都内への引っ越しを検討している遠方のユーザーにもサービスを提供する。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

IT重説

不動産取引における重要事項説明を、インターネット等を利用して対面以外の方法で行なうこと。宅地建物取引業法が定めている重要事項説明における対面原則の例外である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

ユニークなコロナ禍の社内交流を紹介!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/6/5

「月刊不動産流通2021年7月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年7月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。

今年3月に閣議決定された新たな「住生活基本計画(全国計画)」。「社会環境の変化」「居住者・コミュニティ」「住宅ストック・産業」の3つの視点から8つの目標が設定されました。本特集ではそのうち、特に不動産事業者の業務に関わる内容について解説。国土交通省や業界団体への取材も行ないました。

特集「コロナ禍の『社内活性化法』」では、コミュニケーションが希薄になりがちなコロナ禍でも社員の交流を深め、モチベーション向上に成功する不動産事業者のユニークな取り組みを紹介します。