不動産ニュース / 開発・分譲

2020/4/15

京急、分譲マンションに家具のサブスク

 京浜急行電鉄(株)と京急不動産(株)はこのほど、同社グループの分譲マンション「PRIME」シリーズの購入者を対象に、家具のサブスクリプションサービス「airRoom」を提供すると発表した。

 「airRoom」は(株)Elaly(東京都中央区、代表取締役兼CEO:大薮雅徳氏)によるサービスで、人気家具ブランドの商品を月額500円から利用できる。また、無料でプロにインテリアコーディネートを依頼することもできるほか、引っ越し業者と提携し、家具の配送や組立・設置、不要家具の回収までを行なう。使い勝手が悪いといった理由で変更・返却も可能で、それまで支払った月額料金を割り引いた値段で購入することもできる。

 Elalyは、スタートアップ企業とのオープンイノベーションで新規事業創出を目指す「京急アクセラレータープログラム」第3期のエントリー企業であり、プログラム内での議論を経て素早いサービス提供に至った。

 対象物件は「プライムパークス上大岡 ザ・レジデンス」(横浜市港南区、総戸数200戸)、「プライムスタイル川崎」(川崎市川崎区、同168戸)、「プライム港南台」(横浜市港南区、同183戸)、「プライム葉山」(神奈川県三浦郡、同55戸)。居住者は同サービスを最高10%割引で利用できる。

コーディネート例

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年8月号
人材が不足するこの時代…。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/7/5

「月刊不動産流通2024年8月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年8月号」発売しました。

今回の特集は、「『経験』を生かす 人材戦略」です。人材不足のこの時代、コミュニケーションの工夫や働きやすい環境の構築を行ない、定年退職後の社員や一度会社を去った転職者の再雇用を図っている企業もいるようです。「また働きたい」と思われる会社づくりを行なうコツとは…?

新コーナー、「事故物件に立ち向かう!私はおばけ調査員」もご一読ください。