不動産ニュース / 仲介・管理

2020/5/18

自宅でモデルルーム見学ができる新サービス

 野村不動産アーバンネット(株)は18日、販売する一部の新築マンションで、モデルルーム来場時に実施する各種案内をオンライン上で提供する「おうちでモデルルーム」サービスを開始した。

 NTT コム オンライン・マーケティング・ソリューション(株)が提供する「ビデオトーク powered by 空電」のビデオ通話を利用し、1対1で各種サービスを提供する。顧客は、スマートフォンやパソコン、タブレットから専用URLにアクセスすれば、モデルルーム販売担当者とビデオ通話ができる。

 これまでモデルルームに来場してもらわないと提供できなかった物件に関するさまざまな情報のほか、「おうちでモデルルーム」専用に撮影されたモデルルーム動画、建物模型動画、最寄り駅からマンション建設地までの周辺環境動画なども確認できる。

 現在販売中の「アトラス築地」(東京都中央区)「バウス津田沼」(千葉県習志野市)、「リビオ府中寿町」(東京都府中市)の3物件でサービス提供を開始し、今後順次、各物件公式HPで予約の受け付けを進める。併せて、サービス提供物件の拡大も図る。

ビデオトーク サービスイメージ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
 過去の呟きがおとり広告に?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/10/5

月刊不動産流通2022年11月号好評発売中!

月刊不動産流通2022年11月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は「不動産広告Q&A デジタル時代の留意点」。SNSや動画等を用いた営業が活発化していますが、デジタルの不動産広告はこれまでの運用ルールが当てはまらない場合もあり、意図せず「違反広告」となることもあるかもしれません。具体的な事例をあ挙げ、注意点を紹介します。

編集部レポート「プラスアルファのシェアオフィス」では、新規参入が増加しているシェアオフィス事業について、ユーザーのライフスタイルの変化をとらえ他社との差別化を図っている事業者を取材しました。

試し読みはnoteでも可能です。