不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/5/20

2~3月の民泊実績、海外宿泊者数が6割減

 観光庁は20日、住宅宿泊事業の宿泊実績を公表した。期間は2020年2月1日~3月31日。届出住宅数(3月31日時点)は2万1,981。報告件数は1万7,976、報告率81.8%(5月13日時点)。

 全国ベースでの宿泊日数合計は15万2,040日(19年12月~20年1月実績比42.2%減)、届出住宅当たりでは8.6日だった。都道府県別では、東京都が6万1,948日で最も多く、次いで北海道(2万4,748日)、大阪府(1万1387日)の順となった。

 全国の宿泊者数合計は17万5,495人(同42.4%減)、届出住宅当たりでは9.9人だった。都道府県別では、東京都が4万8,096人で最多。北海道(2万9,217人)、福岡県(1万2,708人)が続いた。届出住宅当たりの宿泊者数は岐阜県の32.0人が最多で、次いで三重県の30.3人、新潟県の29.2人。

 宿泊者の国籍は、日本国内に住所を有する者が9万6,250人(同1.3%増)となった一方、海外からの宿泊者数は7万9,213人(同62.2%減)と激減した。海外からの宿泊者を国籍別にみると、最も多かったのは中国(1万1,721人、構成比14.8%)、2位に米国(8,918人、同11.2%)、3位が台湾(7,216人、同9.1%)となった。

 地域別では、東アジアが最も多く、全体の39.2%を占めた。次いで東南アジアが21.6%、北米が13.5%と続いた。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

住宅宿泊事業

民泊の営業であって、都道府県知事等に届け出たものをいう。「住宅宿泊事業法」に基づく事業である。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/22

「記者の目」更新いたしました

社員が会社に来たくなる」を更新しました。ニューノーマルな働き方の実現や、スタッフのパフォーマンスを最大限に発揮できるABW要素の体現等のテーマを引っさげ21年夏に完成した、三井デザインテックの新オフィスをレポートします。コロナ禍なのに社員から、「会社に行きたい」との声が挙がる、そのオフィスとは…?