不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/5/20

住宅景況感、4四半期連続のマイナス

 (一社)住宅生産団体連合会は、2020年度1回目の「経営者の住宅景況感調査」結果を発表した。四半期に一度、過去3ヵ月の実績と今後3ヵ月の見通しを前年同期と比較して結果を指数化しているもの。住団連および傘下団体の法人会員16社のトップにアンケートし、15社から回答を得た。

 20年度第1四半期(20年1~3月)の受注実績は、総受注戸数はマイナス92(前期:マイナス77)、総受注金額はマイナス88(同マイナス79)となり、前回よりもマイナスが拡大した。また、マイナスは4四半期連続となった。

 各社からは、「1棟単価の上昇や戸建て購入者のマインド回復など明るい兆しはあったが、消費増税の反動が大きく全体的には大幅減となった」、「新型コロナウイルスによる集客減の影響」といったコメントが寄せられた。前回調査同様、回答した全企業が受注戸数・金額ともに「悪くなった」とし、「変わらず」~「良い」の回答はゼロとなった。

 戸建注文住宅の実績は、受注戸数マイナス86(同マイナス73)、受注金額マイナス81(同マイナス85)。戸建分譲住宅の実績は、受注戸数マイナス44(同マイナス25)、受注金額マイナス44(同マイナス39)。低層賃貸住宅の実績は、受注戸数マイナス82(同マイナス42)、受注金額マイナス73(同マイナス25)と、いずれも予測を上回る大きなマイナスだった。リフォームの実績は、受注金額マイナス83(同マイナス73)と、前回以上のマイナスとなった。

 今後3ヵ月(20年4~6月)の予測は、総受注戸数マイナス92、総受注金額マイナス88と、今期も継続して大きなマイナスの見通し。コメントでは、「新型コロナウイルスの影響は長期的なものが予想されるため、対策が必要」などが寄せられた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年11月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

在宅ワーク、セキュリティは万全ですか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/10/22

「記者の目」更新いたしました

社員が会社に来たくなる」を更新しました。ニューノーマルな働き方の実現や、スタッフのパフォーマンスを最大限に発揮できるABW要素の体現等のテーマを引っさげ21年夏に完成した、三井デザインテックの新オフィスをレポートします。コロナ禍なのに社員から、「会社に行きたい」との声が挙がる、そのオフィスとは…?