不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/5/25

東京23区のオフィスビル、空室率1%台を継続

 森ビル(株)は25日、「東京23区の大規模オフィスビル市場動向調査2020」結果を発表した。1986年以降に竣工した、事務所延床面積1万平方メートル以上のオフィスビルが対象。一般に公開されている情報を基に、20年3月末までに実施した現地調査ならびに聞き取り調査によって供給量を算出している。

 東京23区の19年末の平均吸収量は86万平方メートル(18年末161万平方メートル)と、供給量(85万平方メートル)を上回った。それに伴い、空室率は1.8%(前年末比0.1ポイント低下)と、18年末に続き1%台を継続。エリア別では、都心3区が1.8%(同0.1ポイント低下)、その他20区では1.8%と横ばいとなり、23区全体で空室率の低い状態が継続している。

 23区における20年の平均供給量は187万平方メートル(19年:85万平方メートル)と、調査開始以来2番目に多い供給量となる見込み。23年(143万平方メートル)も高水準の供給が見込まれるが、21年(54万平方メートル)と22年(54万平方メートル)が低水準の供給量となることから、今後5年間(20~24年)の平均は103万平方メートルと、過去平均と同水準になると予測している。

 1物件当たりの平均供給量は増加傾向にあり、90年前後に2~3万平方メートルだったものが、近年では5万平方メートルを超える年が多くなっている。19年は3万5,000平方メートル。また、10万平方メートル以上の物件供給量は、20年に調査開始以来最大(133万平方メートル)となる見込み。供給割合は、18年に69%で調査開始以来最大となったが、20年(71%)、23年(83%)と拡大が続く見通しで、大規模オフィスビルの供給が増加傾向にある。

 都心3区(千代田区、中央区、港区)における供給量は、今後5年間の平均供給量が80万平方メートルと、過去10年の平均64万平方メートルを上回る見通し。都心3区への供給割合は毎年7割以上となり、過去10年間の平均である63%を上回る水準となる。特に、20年(139万平方メートル)、23年(108万平方メートル)は過去平均を大きく上回り、100万平方メートル以上の供給となる見込み。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。