不動産ニュース / 団体・グループ

2020/5/29

住宅のあり方が変化。課題へ対応/木住協が総会

 (一社)日本木造住宅産業協会は28日、定時総会を開催した。新型コロナウイルス禍の影響から、当初予定してた規模を縮小して実施し、2020年度の事業計画等を議決・承認した。

 20年度の事業計画では、支部未設置地域への設置を促進し、本部支部連携の強化や充実等を通じ、協会活動の活性化を図り、会員サービスの向上を目指す。20年3月末までの会員数は626社(前年同期比4社増)。都道府県との災害協定締結を促進し木造応急仮設住宅の供給体制の整備を図るなど、地域貢献を強化。同日時点では17都府県との協定を締結している。

 循環型社会の実現に向け、環境の優しい木材利用や木造建築を推進。良質な住宅ストックの形成とリフォームの推進として、耐震性、耐久性等に優れた長期優良住宅および長期優良住宅化リフォームの普及に努めるほか、「安心R住宅」制度および「既存住宅状況調査技術者」講習を活用し、既存住宅の品質向上と流通推進にも取り組んでいく。木造による耐火建築物や中大規模建築の普及へ、改正建築基準法に対応した準耐火構造仕様の開発や高耐力耐力壁に係る手引き、中大規模建築の設計資料集の充実等にも努めていく。

 同協会会長の市川 晃氏は「新型コロナウイルス禍における住宅業界への影響は大きい。家や室内で過ごす時間が増えたことから、暮らしと住宅や建物のあり方を見直すきっかけにもなっている。在宅勤務などが一般化していく中、これからの社会生活を支える住まいへの人々のさまざまな想いと期待をしっかりと感じ取り、それをどう実現していくのか、取り組むべき課題は山積みといえる。これらの課題に向き合うとともに、安心・安全で安らぎを提供する『木』の住宅や建物の付加価値の向上に努めることで、会員とももに地域に貢献していたい」とのコメントを発表した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年8月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

アフター/ウィズコロナ時代の事業手法とは?いま必読の企画です。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/8

「記者の目」更新しました!

人とまちをつなぐ商店街の『寄合所』」配信しました!
国際観光都市として知られる岐阜県高山市だが、観光の目玉である「古いまち並み」に隣接する中心市街地の商店街は、空き店舗化が進んでいる。地域を盛り上げようと、地元のある不動産事業者が立ち上がった。