不動産ニュース / 開発・分譲

2020/6/25

三井不、「ららぽーと台中」を着工

ららぽーと台中「E棟」の外観完成予想図

 三井不動産(株)は24日、「(仮称)三井ショッピングパーク ららぽーと台中」(台湾・台中市)を着工した。事業主体は同社現地法人が立ち上げたプロジェクト会社・三中東区啦啦寶都股份有限公司。開発中のプロジェクトも含めて台湾では5施設目の商業施設となる。

 台湾鉄道「台中」駅より徒歩6分の市街地エリアに立地。敷地面積は約4万3,000平方メートル。建物はC棟(地上7階地下1階)、E棟(地上4階地下1階)の2棟構成。延床面積は約19万7,000平方メートルで、店舗面積は約6万8,000平方メートル。

 「for the Vivid Colors of life」をコンセプトとし、新たなライフスタイルを提案する。台湾内外のファッションブランドや、日系を含む台中に進出の出店・ご当地グルメ等で構成する飲食店、スーパーマーケットなど、約270店舗で構成する予定。また、2棟間は2層の連絡ブリッジで接続して回遊しやすくする。

 竣工・開業は2022年秋の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年8月号
不動産実務に役立つ情報満載です!

アフタ/ウィズコロナ時代の事業手法とは?いま必読の企画です。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/7/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年8月号」が好評発売中です。ご購入はショップサイトから。
特集「『コロナ』で不動産業はどう変わる?」では、分譲マンション、流通、管理など各分野の企業に取材し、アフター/ウィズコロナ時代の事業手法を探りました。今後の事業経営のヒントに。寄稿「ウィズ&アフターコロナのBCP対策」では、感染症拡大を踏まえたBCP策定、実践方法について分かりやすく解説します。ぜひご一読を。