不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/7/6

10年賃貸運用後のM売却益、トップは「溜池山王」

 (株)東京カンテイは2日、「分譲マンションの収益ランキング(2019)」(竣工から10年間での運用&売却による“お買い得駅”ランキング)を公表した。09年に取得した新築マンションを10年間賃貸運用し、売却した際の差益を試算したもの。

 首都圏のトップは、東京メトロ南北線「溜池山王」駅。平均坪単価は新築分譲時418万円で、既存流通時には610万円に上昇。平均月額坪当たり賃料は新築時1万5,513円から、築10年時には1万7,747円に上昇。売却益は調査対象となった238駅の中で最も高く、坪当たり192万円。運用益は坪当たり199万円で、差益は坪当たり392万円。年利回りは9.38%だった。次いで、東京メトロ南北線「麻布十番」駅が、差益365万円、年利回り7.59%。東京メトロ半蔵門線「半蔵門」駅が、差益350万円、年利回り8.18%。
 上位30位にランクインしている駅は、すべてJR山手線の内側、またはその周辺エリアに位置する結果に。港区、千代田区アドレスが多くを占める中、「東京」駅周辺のオフィスエリアに短時間かつダイレクトにアクセスできる「八丁堀」駅、「人形町」駅等、職住近接のニーズを満たすエリアもランクインしている。

 近畿圏のトップは、JR環状線「大阪」駅。平均坪単価は新築分譲時218万円で、既存流通時には380万円に上昇。平均月額坪当たり賃料は新築時1万1,296円で、築10年時には1万1,255円となった。売却益は坪当たり297万円、運用益は坪当たり135万円で、差益は162万円となった。年利回りは13.64%と、首都圏トップの「秋葉原」駅(12.54%)を上回る。2位は京都市営地下鉄東西線「京都市役所前」駅で差益200万円、年利回り7.63%。3位は京都市営地下鉄東西線「三条京阪」駅で差益196万円、年利回り8.86%。
 上位30位のうち、大阪エリアが16駅を占める。対象物件が分譲されたころは大阪市中心部の新築価格は割安に設定されていたが、その後大規模再開発等を経てまちの利便性、魅力が向上したことによる。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。