不動産ニュース / 仲介・管理

2020/7/13

コロナ禍後の郊外への引っ越し意向は5%台

 大東建託(株)はこのほど、新型コロナウイルスによる住まいへの意識変化やテレワーク実施状況等についての調査結果を発表した。(株)マクロミルの登録モニターに対しインターネット経由で調査票を配布・回収。6月16~22日の期間、全国20歳以上の男女2,081名を対象に実施。

 不動産市場予測では「郊外の人気が上がると思う」は49.8%と半数近かったものの、「コロナをきっかけに郊外へ引っ越しを考えている」との回答は5.3%にとどまった。「都心への引っ越しを考えている」も5.3%だった。都心への引っ越し意向は、「テレワークができても通勤が不安」という意識が要因とみられる。

 働き方については「この3ヵ月でテレワークした」は、首都圏37.5%、東阪名以外19.4%と、地域によって大きな差があった。また、テレワーク実施者の8割は、居住地に関係なく今後もテレワークの継続を希望していることが分かった。

 持ち家・賃貸意向では、「コロナ前は賃貸が良いと思っていたが、今は持ち家が良いと思っている」が60.5%となった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

税理士が、実務における税制改正の注意点を解説!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/5/5

「月刊不動産流通2021年6月号」販売中!

「月刊不動産流通2021年6月号」が好評発売中です。試し読み・ご購入はショップサイトから。
解説「令和3年度 住宅・土地税制改正のポイント」では、令和3年度の税制改正の中でも不動産仲介の営業現場において重要と思われる項目について解説しました。実務上の留意点も紹介します。