不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/7/16

「ポスト・コロナ」へ、丸の内のビジョンを再考

 三菱地所(株)は16日、ポスト・コロナ時代のまちづくりの加速に向け実施した、都内就業者約1万5,000人へのアンケート調査結果を公表した。

 同社は丸の内エリアにおいて、人・企業が集まり交わることで新たな「価値」を生み出す舞台づくりを推進しており、「イノベーションが生まれ続けるエコシステムの形成にまち全体で取り組む」「デジタル基盤を強化する」等の施策を行なっている。アンケートは、コロナ禍の個人・企業の意識変化を捉えることで、ポスト・コロナ時代の新しいまちづくりやワークスタイル像を抽出することが目的。東京都に勤務する首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)在住者を対象に調査した。

 緊急事態宣言下の勤務体系については、80.4%がテレワークを経験したと回答。「通勤時間が短くて済む」(75%)、「移動時間が少なくて済む」(62%)、「洋服が楽」(43%)等のメリットを感じているワーカーが多く、60.5%がテレワークに「満足」「やや満足」していることが分かった。テレワークを「継続したい・やってみたい」、「やや継続したい・やややってみたい」と考えているユーザーは、66.8%に上った。

 一方、デメリットとしては「オン・オフの切り替えができない」(34%)、「集中力が続かない」(31%)、「家を出なくなってストレスがたまる」(28%)を挙げるユーザーが多く、社外・社内コミュニケーションの質の低下も課題となっている傾向が見られた。

 同社ではこの結果を基に、ポスト・コロナのワークスタイル・オフィスニーズを「業務に応じ、オフィスとテレワーク(オンライン)を柔軟に使い分けること」、「センターオフィス、自宅、サードプレイスを柔軟に選択して働けること」、「オフィスにはFace to Faceでしか得られない価値が求められること」と分析。丸の内エリアのビジョンを「就業者28万人が毎日8時間×週5日過ごす場」から「多様な就業者100万人が最適な時間に集まり、交流して価値を生み出す舞台」に変更し、フレキシブルなワークスタイルに対応する商品・サービスの拡充や、個人や企業が交流することで生まれるイノベーションを徹底的に高める施策を検討するとした。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年9月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

新法成立の背景、ポイントを解説!賃貸管理業のこれからを探ります。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/8/5

「月刊不動産流通」最新号、絶賛発売中!

「月刊不動産流通2020年9月号」が好評発売中です!ご購入はショップサイトから。
TOPIC「新法成立で賃貸管理業は」では、6月に成立・公布された「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律」について、成立の背景やポイントを分かりやすく解説。行政、関係団体トップのコメントも掲載し、新法が賃貸管理業に与える影響などを考察します。
特集「こんなときどうする? 重説書類作成Q&A」では、弊社が運営する「不動産業務 相談窓口」に寄せられた質問の中から、重要事項説明・重要事項説明書に関する内容をピックアップ。賃貸編・売買編に分け、弁護士が丁寧に解説します。