不動産ニュース / その他

2020/7/22

大丸有地区でスマートシティプロジェクト始動

 (一社)大手町・丸の内・有楽町地区(以下、「大丸有」)まちづくり協議会は、同地区のスマートシティプロジェクトを始動した。

 同協議会は3月、スマートシティビジョンを公表。大丸有地区の日常・非日常におけるポテンシャルの拡大・レジリエンスの増強を目的とした区域の課題の解決を宣言した。それを踏まえ、4月にスマートシティ推進委員会を設置。その実現のための活動計画案の作成、および具体的な取り組みを始めている。その一環として、(株)ゼンリン、三菱地所(株)、東京地下鉄(株)とともに、バリアフリーWGを組成。すべての人の快適な移動を実現するためのサービスの検証や、必要な地図要素の検討を行なう。

 WGは、日常におけるレジリエンスを強化するための施策として、大丸有地区のバリアフリー化に取り組む。「大丸有地区を訪れる人のストレスフリーな移動支援」をテーマに、歩行困難者(主に車いす利用者を想定)に対し、駅施設(東京メトロ「大手町」駅)から地上部までの移動をより容易にするためのバリアフリーナビゲーションについて検討していく。

 検討期間は2021年3月末まで。移動の可視化による効率的・効果的なエリア開発への寄与、エリア訪問者の満足度向上によるまちの魅力向上・活性化を目指す。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。