不動産ニュース / 仲介・管理

2020/8/4

オフィスの遊休空間シェアに本格参入

 (株)スペースマーケットは4日、働くシーンに特化したスペースをマッチングする新サービス「スペースマーケットWORK」を開始。BtoBシェアリング領域への本格進出を発表した。

 同サービスは、企業・個人(ホスト)が所有・管理する不動産の遊休時間・空間を貸し出して、借り手(ゲスト)が打ち合わせや会議、テレワークなどの用途で借りられるもの。

 ホストにとっては、会議室やイベントスペース、飲食店舗の個室などを、空いている日や時間帯を限定して貸し出して収益化できる。テレワークによって稼働率が下がった会議室やワークスペースを「間貸し」するなど、有効活用できる点もポイントとなる。

 ゲストは、オフィスの家具や備品がそろったスペースを月・週単位で借りることができ、契約もオンラインで完結できる。契約時の初期費用が不要になり、オフィス開設時のコストを最小限に抑えられるという。

 なお、同サービスにおいて東日本電信電話(株)(NTT東日本)、(株)オカムラなど16社をパートナー企業として、ホストのサポートやゲストへのサービスを強化する。NTT東日本では、高速インターネット・スマートロックを備えたスペースの導入を支援するほか、オカムラとは都内3ヵ所にコラボスペースを開設。ゲストが同スペースを利用した際に、機能的でデザイン性の高いオフィス家具を体験できる。

 同社では、年内をめどに全国3,000ヵ所超のワークスペースの掲載を目指す。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。