不動産ニュース / 仲介・管理

2020/8/4

オフィスの遊休空間シェアに本格参入

 (株)スペースマーケットは4日、働くシーンに特化したスペースをマッチングする新サービス「スペースマーケットWORK」を開始。BtoBシェアリング領域への本格進出を発表した。

 同サービスは、企業・個人(ホスト)が所有・管理する不動産の遊休時間・空間を貸し出して、借り手(ゲスト)が打ち合わせや会議、テレワークなどの用途で借りられるもの。

 ホストにとっては、会議室やイベントスペース、飲食店舗の個室などを、空いている日や時間帯を限定して貸し出して収益化できる。テレワークによって稼働率が下がった会議室やワークスペースを「間貸し」するなど、有効活用できる点もポイントとなる。

 ゲストは、オフィスの家具や備品がそろったスペースを月・週単位で借りることができ、契約もオンラインで完結できる。契約時の初期費用が不要になり、オフィス開設時のコストを最小限に抑えられるという。

 なお、同サービスにおいて東日本電信電話(株)(NTT東日本)、(株)オカムラなど16社をパートナー企業として、ホストのサポートやゲストへのサービスを強化する。NTT東日本では、高速インターネット・スマートロックを備えたスペースの導入を支援するほか、オカムラとは都内3ヵ所にコラボスペースを開設。ゲストが同スペースを利用した際に、機能的でデザイン性の高いオフィス家具を体験できる。

 同社では、年内をめどに全国3,000ヵ所超のワークスペースの掲載を目指す。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年3月号
カスハラ対策を学び、スタッフの心を守る
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/2/1

「海外トピックス」更新しました。

『ゾンビ化』するショッピングモール 【アメリカ】」配信しました。
いま米国では、ショッピングモールが集客力を失い、閑散化、閉業の憂き目に遭うケースが増えています。あの「デロリアン」が走ったショッピングセンターも今や…。一方、再利用によって明るい兆しも見えつつあります。現地ライターがレポート。