不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/8/4

コロナ禍、住宅景況感が5四半期連続のマイナス

 (一社)住宅生産団体連合会は4日、2020年度第2回「経営者の住宅景況感調査」結果を発表した。四半期に一度、過去3ヵ月の実績と今後3ヵ月の見通しを前年同期と比較して結果を指数化している。住団連および傘下団体の法人会員16社から回答を得た。

 20年度第1四半期(20年4~6月)の受注実績は、総受注戸数はマイナス75(前期:マイナス92)、総受注金額はマイナス71(同マイナス88)となり、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う消費マインドの冷え込みや緊急事態宣言での営業自粛等を背景に、5期連続のマイナスとなった。過去、リーマンショックや消費税率8%への引き上げの際においても厳しい落ち込みがあったが、いずれも5期目にはマイナスからプラスに転じており、今回の結果はこれまでと比較しても著しく厳しい状況だとした。

 戸建注文住宅は、受注戸数マイナス80(同マイナス86)、受注金額マイナス60(同マイナス81)。戸建分譲住宅は、受注戸数マイナス65(同マイナス44)、受注金額マイナス60(同マイナス44)。低層賃貸住宅は、受注戸数マイナス64(同マイナス82)、受注金額マイナス55(同マイナス73)。リフォームは、受注金額マイナス83(同マイナス83)。

 今後3ヵ月(20年7~9月)の予測は、総受注戸数マイナス54、総受注金額マイナス50と、コロナの影響でマイナスが継続する見通し。

 また、20年度の新設住宅着工の見通しでは、前回調査時(4月)には82.3万戸だったが今回77.7戸まで下落すると予測。同会副会長兼専務理事の小田広昭氏は、「状況次第では、70万戸前半になってもおかしくない。80万戸を下回るのは、リーマンショック後以来で、コロナの影響の長期化、次世代住宅ポイントや住宅ローン減税の終了を踏まえるとより深刻な状況が予想できる」と話した。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。