不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2020/8/4

コロナの影響で減益/東建20年12月期2Q

 東京建物(株)は4日、2020年12月期第2四半期決算(連結)を公表した。

 当期(20年1月1日~6月30日)は営業収益1,524億3,400万円(前年同期比18.2%減)、営業利益185億9,000万円(同42.6%減)、経常利益170億4,400万円(同41.2%減)、当期純利益108億3,400万円(同45.9%減)となった。

 ビル事業では、ビル賃貸が前年同期と同水準で推移したものの、物件売却が減少したことで、セグメントの営業収益は585億1,900万円(同12.3%減)、営業利益166億5,800万円(同14.5%減)、事業利益(※)168億7,700万円(同14.4%減)となった。

 住宅事業については、住宅分譲の計上戸数が872戸(同6.9%減)と減ったものの、住宅賃貸の賃貸面積は15万5,230平方メートル(同63.8%増)、マンションの管理受託戸数は9万5,958戸(同2.9%増)と順調に拡大した。ただ、前年同期に都心大型物件を売上計上した影響により、セグメント営業収益は614億1,200万円(同25.3%減)、営業利益および事業利益は63億8,600万円(同48.0%減)となった。

 アセットサービス事業では、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、駐車場運営の稼働率低下等の影響が出た。セグメント営業収益は217億500万円(同13.2%減)、営業利益および事業利益は4億6,600万円(同88.1%減)だった。

 通期業績予想については、コロナ禍の影響を受けて下方修正。修正後は、売上高3,500億円(修正せず)、営業利益480億円(修正前比9.4%減)、経常利益445億円(同3.3%減)、当期純利益310億円(修正せず)を見込む。

※事業利益=営業利益に持分法による投資損益を加えた数値。海外事業等の利益を反映するため、今期より公表する

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。