不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/8/5

小規模オフィス賃料、最高値を更新

 不動産情報サービスのアットホーム(株)は5日、東京およびその他主要エリアの「小規模オフィス」の平均募集賃料動向調査(2020年上期(1~6月))を発表した。

 同社ネットワークで公開・募集された小規模オフィスのうち、駅徒歩10分以内の物件が対象。23区内主要20エリアの賃料(共益費込みの坪単価)を「超小型(5坪以上~25坪未満)」「小型(25坪以上~50坪以下)」に分け動向を調査した。

 東京の小規模オフィス募集賃料(坪単価)は、20エリア全体平均で「超小型」が1万3,209円(前期比1.4%上昇)、「小型」が1万5,142円(同3.0%上昇)。超小型は13年上期以降、小型は16年上期以降、賃料上昇傾向が続いている。また両タイプ共に最高値を更新した。

 超小型の募集賃料が増加したエリアは、20エリア中10エリア。最も賃料が高かったのは「銀座」で1万8,607円(同3.4%下落)。最も上昇したのは「六本木」で1万4,892円(同11.1%上昇)。
 小型は12エリアで上昇。最も高かったのは「銀座」で2万1,960円(同1.6%下落)。最も上昇したのは「六本木」で1万7,928円(同19.7%上昇)。「神田・秋葉原」「蒲田・大森・大井町」も同10%超と大幅に上昇している。

 その他主要エリア(仙台市、横浜市、名古屋市、大阪市、福岡市)では、超小型は「名古屋市」「大阪市」「福岡市」が上昇。最も高かったのは「横浜市」の9,743円(同2.4%下落)、最も上昇したのは「名古屋市」で9,075円(同6.7%上昇)。
 小型では、全エリアが前期を上回った。最も高かったのは「福岡市」の1万1,981円(同5.3%上昇)、最も上昇したのは「大阪市」で9,833円(同9.0%上昇)だった。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。