不動産ニュース / 開発・分譲

2020/8/6

京都のBTS型物流施設が稼働/阪急電鉄

「ロジスタ京都上鳥羽」外観

 阪急電鉄(株)は、BTS型物流施設「ロジスタ京都上鳥羽」(京都市南区)が竣工し、8月から大和物流(株)が「京都物流センター」として運営を開始したと発表した。阪急阪神不動産(株)が業務代行している。

 近畿日本鉄道京都線「上鳥羽口」駅から約400m、名神高速道路「京都南IC」から約1.4km、第二京阪道路「上鳥羽IC」から約0.6km。国道1号・171号にも近く、京都府内をはじめ、関西圏広域への配送に便利な立地。鉄骨造地上5階建て(倉庫は4層・事務所2層)で、敷地面積6,995.08平方メートル、延床面積1万4,482.53平方メートル。

 1階倉庫部分は低床式バースとし、10mの大庇を設けて広い荷捌きスペースを確保している。大庇には荷重2.8tの天井クレーンを設置し、建材等の重量物もスムーズに取り扱うことが可能。この他、荷物用エレベーターと垂直搬送機を各2基ずつ設置し、貨物の搬送作業を効率良く行なえるようにしている。エントランスには、京都の伝統的な手法により作られた唐紙を壁紙として使用。京都ならではの趣ある風合いを演出している。

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

BTS型・マルチテナント型(物流施設の〜)

物流施設の種類は、その性格によって、大きくBTS型とマルチテナント型に分けることができる。(1)BTS型特定のテナントの要望に応じてオーダーメイドで建設され、賃貸される物流施設。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。