不動産ニュース / その他

2020/8/6

管理協、三井住友海上と管理組合役員向け保険創設

 (一社)マンション管理業協会はこのほど、三井住友海上火災保険(株)と連携協定を締結した。

 両者は、保険を活用した建物・設備の保全、居住者の生命・安全の保守、生活総合サービス・コミュニティ形成支援に関する事項や、マンション管理業の成長発展・社会的評価の向上に向け、連携して取り組んでいく。

 協定に基づく取り組みの第1弾として、同協会の会員が受託管理するマンション管理組合向けの役員賠償保険制度「マネジメント保険」を創設する。管理業務の高度化・複雑化、管理組合運営の停滞や管理組合役員のなり手不足等、管理組合運営によって生じる損害賠償リスクを幅広く担保。保険により、損害賠償請求を受けたことによって負担する法律上の損害賠償金、弁護士費用、法律相談費用、初期解決費用等の損害や、情報漏えい対応費用等を補償する。

 年間保険料は、マンション管理組合の総戸数と基本補償の支払限度額(3,000万円、5,000万円、1億円から選択)に応じて決定。同協会ホームページから申し込みができ(9月1日より専用ページ開設)、書面による手続きは不要。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.373 変わる食の風景と「ニュー・ノーマル」【マレーシア】」配信しました!
マレーシアは「外食天国」と呼ばれるほど、飲食店が多い国。開放的な簡易食堂や集合屋台、フードトラックなどなど、その業容のさまざま。しかし、コロナ禍で飲食をめぐる環境が一変。現地ライターがレポートします。