不動産ニュース / 開発・分譲

2020/8/6

千葉・いすみにレスキューホテル

「HOTEL R9 The Yard いすみ」外観

 (株)デベロップは、コンテナホテル「HOTEL R9 The Yard いすみ」(千葉県いすみ市、客室数36室)を10日にオープンする。

 平時にはホテルとして運営される客室を、災害など有事の際は被災地などに速やかに移設できる「レスキューホテル」と呼ばれるもので、建築用コンテナモジュールを利用した1棟1客室型の宿泊施設。

 1室13平方メートルというコンパクトな造りでありながら、隣室と壁を接しないため静粛性とプライバシーを確保。上質なベッド、ゆったり使用できるユニットバス、冷凍庫付き冷蔵庫、電子レンジ、空気清浄機を全室に装備している。
 客室は、ダブルルーム26室・2名用(13平方メートル)、ツインルーム7室・2名用(13平方メートル)、フォースルーム3室・4名用(26平方メートル)。

 同社は、有事にレスキューホテルを速やかに出動できるよう、平時の備えとして地方自治体との災害協定の締結を推進。現在までに13の自治体と協定締結を完了しており、関東圏を中心に多くの自治体と締結協議を行なっている。いすみ市とは、2019年8月30日に災害協定を締結済み。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.373 変わる食の風景と「ニュー・ノーマル」【マレーシア】」配信しました!
マレーシアは「外食天国」と呼ばれるほど、飲食店が多い国。開放的な簡易食堂や集合屋台、フードトラックなどなど、その業容のさまざま。しかし、コロナ禍で飲食をめぐる環境が一変。現地ライターがレポートします。