不動産ニュース / 開発・分譲

2020/8/7

大和ハ他、御堂筋沿いの再開発で組合設立

「淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業」の完成予想図

 「淀屋橋駅西地区第一種市街地再開発事業」(大阪市中央区)の施行者として6日、淀屋橋西地区再開発組合が設立された。大和ハウス工業(株)、住友商事(株)、関電不動産開発(株)の3社が地権者・参加組合員として参画する。

 同事業は、大阪ビジネスの中心である御堂筋の玄関口に立地。施行地区面積は約1.7ha。ハイグレードオフィス整備を通じて大阪の国際競争力を強化する。建設するオフィスビルは、敷地面積は約7,200平方メートル、地上28階地下1階建て、高さ約135m。事務所・店舗等で構成し、延床面積は約13万1,800平方メートル。

 大街区化により、大阪最大規模のワンフロア貸室面積1,000坪超のオフィス空間や、土佐堀川や御堂筋の眺望のある執務環境、質の高いビジネスサポート機能の導入、非常用電力の導入など高いBCP性能などを備えたビルにする計画。

 低層部には商業店舗を誘致し、歩行者空間と一体になったにぎわい空間を整備。土佐堀川に面した敷地にオープンスペースを設けるなど、水辺の立地を生かしたにぎわい拠点をつくる。また、地下鉄「淀屋橋」駅と地下で接続することでバリアフリー化、利便性向上を図る。御堂筋に面した高さ50mの基壇部屋上は屋上庭園やカフェラウンジとして一般開放する。

 さらに、街区をまたいだエネルギー融通や、再生可能エネルギーの導入など、地域の面的な環境負荷低減を図っていくほか、災害時には周辺街区や公共空間に非常用電力を融通することも可能。帰宅困難者の受け入れも行なっていく。

 2021年に権利変換計画の認可、着工を予定。竣工は25年を予定する。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。