不動産ニュース / 決算・業績・機構改革

2020/8/7

コロナ影響も増益/三菱地所21年3月期1Q

 三菱地所(株)は7日、2021年3月期第1四半期決算(連結)を発表した。

 当期(20年4月1日~6月30日)の営業収益は2,574億8,100万円(前年同期比3.2%減)、営業利益542億2,800万円(同15.7%増)、経常利益513億3,100万円(同16.7%増)、当期純利益292億6,300万円(同10.8%増)と減収増益。

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、商業施設およびホテル事業の利益が大きく落ち込んだが、新規オフィスビルの通期稼働および既存ビルでの賃料増額改定等によるビル賃貸利益の増加のほか、オフィスビルや物流施設の売却益の増加等により増益となった。

 コマーシャル不動産事業は、オフィスビルが今年3月に実施した大手町パークビルの持分の一部売却によるマイナス影響の一方、新規ビルの通期稼働および既存ビル空室の埋め戻しや賃料増額改定等により、賃貸収入・賃貸利益が増加。商業施設は、緊急事態宣言期間中の休館対応や来館者数の減少等による店舗売上の減少等により、賃貸収入・賃貸利益とも大幅に減少。ホテルも、緊急事態宣言期間中の休館対応や稼働率低迷等により、事業収支が大幅に悪化した。営業収益は1,680億3,000万円(同0.9%増)、営業利益535億9,800万円(同20.0%増)だった。

 住宅事業は、分譲マンションは当期竣工物件の減少ならびに新型コロナウイルス感染症拡大の影響に伴う販売活動の一時休止等により売上・利益とも減少。国内賃貸マンションの売却によるキャピタルゲインは前年並みとなった。営業収益は583億9,500万円(同16.4%減)、営業利益2億7,000万円(同79.9%減)となった。

 通期では、営業収益1兆1,420億円、営業利益1,850億円、経常利益1,690億円、当期純利益1,100億円を見込む。

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/9/5

「記者の目」更新しました!

“さりげない”見守りをICT活用で実現」配信しました!
高齢者世帯の増加に伴い、監視カメラや赤外線センサー等を駆使して「見守り」を行なうサービスも増えてきた。ところが最近は、IoT、ICTを活用した「さりげない」見守りが登場してきている。いったい、どういったサービスなのか?詳しくは記事をチェック。

月刊不動産流通20年10月号」の特集「コロナで加速! 不動産テックで業務が変わる」では、テックを活用しサービス向上や業務効率化につなげている事業者を取材!併せてご覧ください。