不動産ニュース / 団体・グループ

2020/8/7

2×4協、新構造材の準耐火大臣認定を取得

NLTを屋根材に使い、現しにしたカナダの事例

 (一社)日本ツーバイフォー建築協会は6日、2×4工法用の構造用製材を使って製作する構造材「NLT(Nail-Laminated Timber)」による床板・屋根板が準耐火構造の大臣認定(床:1時間、屋根:30分)と(公財)日本住宅・木材技術センターの木造建築新工法性能認証を取得したと発表した。カナダ林産業審議会との共同取得。

 NLTは、同協会が2017年より研究開発を続けている構造材。一般市場で流通するディメンションランバーを小端立てにして重ね、釘で留め付けて製作し、2×4建築の床や屋根に使用される。北米では100年以上前から大型の木造建築物に使われている。

 2×4工法の床・屋根を現しにしたり、短い製材を継いで最大約12mの長尺パネルの製作もできるため大空間での設計対応が可能になるなどのメリットがあり、さらに特殊な生産設備が不要であるためコストメリットも期待できるという。

NLTの製作方法、構造用製材を重ねて釘で留め付ける

記事のキーワード 一覧

この記事の用語

2×4(ツーバイフォー)工法

北米で生まれた木造建築の工法。わが国における正式名称は「枠組壁工法」である。 断面が2インチ×4インチの木材を使用することから、このような名称が付けられた。このツーバイフォー工法の最大の特徴は、木材で組んだ「枠組」に構造用合板を打ち付けることで、構造全体の強度を得ることである。

続きはR.E.wordsへ

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2024年6月号
「特定空家」にしないため…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2024/5/5

「月刊不動産流通2024年6月号」発売開始!

月刊不動産流通2024年6月号」の発売を開始しました!

編集部レポート「官民連携で進む 空き家対策Ⅳ 特措法改正でどう変わる」では、2023年12月施行の「空家等対策の推進に関する特別措置法の一部を改正する法律」を国土交通省担当者が解説。

あわせて、二人三脚で空き家対策に取り組む各地の団体と自治体を取材しました。「滋賀県東近江市」「和歌山県橋本市」「新潟県三条市」「東京都調布市」が登場します!空き家の軒数も異なり、取り組みもさまざま。ぜひ、最新の取り組み事例をご覧ください。