不動産ニュース / 開発・分譲

2020/8/17

橋本のマンション第1期122戸成約/小田急不他

「リーフィアレジデンス橋本」外観イメージ

 小田急不動産(株)、積水ハウス(株)、神鋼不動産(株)は17日、共同で開発している分譲マンション「リーフィアレジデンス橋本」(東京都町田市、総戸数425戸)の第1期販売において、販売戸数約8割の122戸が成約したと発表した。

 JR横浜線・京王相模原線「橋本」駅徒歩19分、同駅からバス3分の「多摩美術大学南」停留所下車徒歩3分に位置。敷地面積2万1,850.41平方メートル、鉄筋コンクリート造地上12階建て。「緑地との共生を楽しむ」をコンセプトに、平均専有面積78.7平方メートルのゆとりあるプランニングを用意。共用施設である「さとやまの森」内には、ウッドデッキや階段を設置し、歩行しやすくするための整備を進めている。

 第1期販売は、3LDK(専有面積68.44~88.44平方メートル)131戸、4LDK(同87.79~95.37平方メートル)26戸を販売。3LDKの平均販売価格は3,426万円、4LDKの平均販売価格は4,277万円。3,000万円台前半から3LDKが購入できる価格帯により、主寝室のほか子供1人につき1部屋を希望する20~30歳代のプレファミリー、およびファミリー世帯から支持を得た。自然豊かな環境や教育・商業施設が揃う多摩ニュータウンが近い立地も好評。近隣の相模原市、八王子市および横浜市からの住み替えが、全体の50%となった。

 第2期の販売開始は、9月中旬の予定。3LDK・4LDK(同71.98~92.18平方メートル)15戸を販売。販売価格は2,500万円台~4,300万円台で、最多価格帯は3,200万円台(5戸)の見込み。

 竣工は2021年4月、引き渡しは同年6月の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2022年7月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産業の未来を覗いてみませんか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/6/13

「記者の目」更新いたしました

ICTで変化・多様化する本人確認手法』をアップしました。
本人確認については免許証や保険証、パスポート等で行なわれることが一般的でしたが、最近ではICTの活用やオンライン取引の普及により生体認証が用いられるシーンも増えているそう。今回はオフィスで行なわれている最新の実証実験等を紹介します。