不動産ニュース / 開発・分譲

2020/8/17

総合地所他、名古屋駅圏最高層のタワーマンション

「NAGOYA the TOWER」完成予想図

 総合地所(株)は17日、分譲マンション「NAGOYA the TOWER」(名古屋市中村区、総戸数441戸)の概要を公表した。名鉄不動産(株)、京阪電鉄不動産(株)、大和ハウス工業(株)、三交不動産(株)、住友商事(株)とのJV、設計・施工は(株)長谷工コーポレーション。

 JR「名古屋」駅より徒歩13分に立地。敷地面積は5,898.70平方メートル。建物は鉄筋コンクリート造地上42階地下1階建て、高さ149.10mで同駅15分圏内では1993年以降最高層のマンションとなる。

 外観、共用部、ランドスケープデザインの監修に建築家の光井 純氏を起用。外構計画では、敷地面積の約70%を空地として、植栽や水景を採用。エントランスは大型車も停車できる車寄せを導入するほか、二層吹き抜けのエントランスラウンジも設置。さらに高層階にはエグゼクティブラウンジを設ける。高層階住戸には、専用の地下平面駐車場や専用エレベーターを導入する予定。

 販売開始は2021年春、販売戸数・価格は未定。竣工は23年4月の予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。