不動産ニュース / イベント・セミナー

2020/8/19

外国人との共生検討するオンラインシンポジウム

 (公社)日本不動産学会は、2020年度シンポジウム「国際化に対応した不動産政策―外国人との共生をいかに進めるか」を9月16日、オンラインで開催する。

 2019年4月に特定技能実習生の制度が本格的に開始されたことや、インバウンド需要の高まりを受け、日本に中長期的に滞在する外国人の受け入れについて官民を挙げた大幅な制度改革が行なわれている。
 同シンポジウムは、将来的に外国人が日本に定住することがさらに一般的となれば、都市構造や居住文化への影響が生じるとした上で、不動産政策において、外国人との共生をいかに進めるか等を検討する。先進的な取り組みを行なう自治体の事例紹介や、都市計画、経済学、社会学、法学等の専門家によるパネルディスカッションを行なう。

 時間は13時~16時15分。参加費は無料。参加希望者は、催し物名称(「9月16日シンポジウム」)、氏名、区分(学会会員、後援団体関係者、一般)、勤務先・所属、メールアドレスを記載の上、メールにて申し込む。アドレスは、jares●js4.so-net.ne.jp(●=@)。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

時代の変化に対応し、躍進続ける事業者を再取材!その営業、経営戦略とは?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/11/10

記者の目公開しました!

1棟丸ごと時間貸しスペースビルに再生」を公開しました。

コロナの影響で需要が高まっている時間貸しのワークスペース。大手企業は都心部を中心にサービス展開を活発化していますが、仙台市内でビル仲介・管理を手掛ける日本商事は地場事業者ながらそのトレンドをいち早くつかみ、10月、老朽ビルをニューノーマルなスタイルに沿う新しいオフィスビルへと再生しました。