不動産ニュース / 団体・グループ

2020/8/26

「災害対応マニュアル」を改訂、テナント向けも新たに/ビル協

災害を「地震」「台風」「火事」および「共通」に分類し、適した準備と対応を記載
「準備編」「被災編」に分け、ビルのオーナーとして備えておくべき事項などを記した

 (一社)日本ビルヂング協会連合会は、「中小ビルの災害対応マニュアル2020年版」「テナントの皆さまの災害対応マニュアル」および「防災ポケットブック2020年版」を発行した。

 同連合会は、2006年に阪神・淡路大震災の教訓を生かし、ビルオーナー向けの「災害対応マニュアル」と「防災ポケットブック」を作成。東日本大震災を経て、12年および14年にも改訂を行なったが、ここ数年、超大型台風や局地的な豪雨等、全国各地で甚大な被害が発生している状況を受け、今回見直しを図った。テナントとの共同防災が不可欠であると考え、新たにテナント向けの災害対応マニュアルも発行した。

 「中小ビルの災害対応マニュアル2020年版」は、「準備編」「被災編」に分け、ビルオーナーとして備えておくべき事項や、被災したときの対応を分かりやすく掲載。災害を「地震」「台風」「火事」および「共通」に分類し、それぞれの災害に適した準備と対応を記載している。会員は無料で配布、非会員は2,000円で販売する。

 「テナントの皆さまの災害対応マニュアル」では、同様に分類し、テナントとしての備えや、被災時の対応などを分かりやすくまとめた。会員は1冊500円、非会員は2,000円で販売する。

 「防災ポケットブック2020年版」(縦258mm×横486mmの折りたたみ式)は、テナントおよび従業員向けに、自身の安全確保や連絡方法など、災害初期行動の基本情報として、被災時の行動手引き、役立つ情報サイト、サバイバル情報などをまとめた。会員は1部100円、非会員が1部300円(いずれも50部単位)。

 今夏に会員1,362社への周知を終え、9月1日の「防災の日」に合わせ、会員以外のビルオーナーへの告知・販売を本格展開していく。入手・購入については同連合会ホームぺ―ジを参照。

テナントとの共同防災が不可欠であると考え、新たにテナント向けも発行

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

2020年8月28日の宅建業法改正に合わせ情報を追加
ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通40周年

月刊不動産流通 月刊誌 2023年2月号
不動産実務に役立つ情報が満載!
2022年、不動産業界で何が起こった?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2023/1/24

「記者の目」更新いたしました

美味しい“サードプレイス”の提供でまちににぎわいを」を更新しました!
近年、不動産事業者が、地域に人を呼び込み、まちを活性化する動きがみられている。
今回は拓匠開発を取材。本社近くの空き施設を入手してコンバージョンし、飲食店舗をオープンしたという。地域の変化、住民の反応は?