不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/8/26

コロナ禍で不動産業におけるDXが進展

 (株)矢野経済研究所は、国内企業のデジタルトランスフォーメーション(DX)への取り組み状況について調査した。

 DXを、革新的な製品やサービスの開発、ビジネスモデルの変革、イノベーションを実現する「革新的な取り組み(攻めのDX)」、基幹システムの刷新やテレワーク対応、既存業務効率化、業務プロセス・組織風土・企業文化を変革する「IT刷新(守りのDX)」の2つに分類し、国内の民間企業および公的機関523社・団体に対し、郵送でアンケート調査を実施。8段階の数値(「8」が積極的、「5」が普通、「2」が消極的、初めて聞いたを「1」としている)で回答を得た。

 平均値は、「攻めのDX」が3.37、「守りのDX」が3.78となった。どちらも「普通」を示す5を下回り、企業のDXに対しての消極的な姿勢が明らかになった。DXについて初めて聞いた(「1」と答えた)企業の比率は、「守りのDX」が2.3%(12社)だったものの、「攻めのDX」が20.5%(107社)にのぼった。

 また、業種別にみると、不動産業では「攻めのDX」に対する取り組みが進んでいるとした。これまでは、DXが進んでこなかった業種の一つだったが、コロナ禍で対面営業や内見が難しくなったことなど、環境が大きく変わり始めたことから、DXに対する機運が高まっていると推測している。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年12月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

人の死に関するガイドライン、もう確認されましたか?
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/12/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.387 将来は砂浜が無くなる⁉ 知られざるワイキキのビーチ事情【アメリカ】」配信しました。
ハワイの一大観光地である「ワイキキビーチ」は、人工的に作られた砂浜だとご存知でしょうか? 風光明媚なこのビーチを保全するため、ハワイ州が取り組む「サンドプロジェクト」について、現地ライターが紹介します。