不動産ニュース / 政策・制度

2020/8/31

水災害対策とまちづくりの連携についてとりまとめ

 国土交通省は31日、「水災害対策とまちづくりの連携のあり方について」(提言)のとりまとめを発表した。

 同省では、近年の水災害の激甚化や水災害リスクの増大を踏まえ、水災害に対するリスクの評価および防災、減災の方向背について検討するため、本年1月に「水災害対策とまちづくりの連携のあり方」検討会を設置。議論を重ねた上、提言内容をとりまとめた。

 提言では、(1)まちづくりに活用するための水災害に関するハザード情報の充実、(2)水災害リスク評価に基づき、防災にも配慮したまちづくりの方向性、(3)水災害対策とまちづくりとの連携によるリスク軽減方策、(4)取り組みを進めるための連携のあり方、の4つについてまとめた。

 (1)については、「降雨の規模や施設の整備状況等に応じた、多段的なハザード情報の充実」「簡易手法を用いたハザード情報の早期の作成・公表」等を挙げた。(2)では、「ハザード情報に加えて、ハザードエリア内の人口や都市機能、災害対策の実施状況等をもとにした、地域ごとの多面的リスクの評価」や「まちづくりを進める地域は、水災害リスクを可能な限り避けつつも、都市構造・機能上の必要性、都市の歴史的な形成経緯も考慮して決定する」等を提言した。

 (3)については、地域ごとの水災害リスクの評価内容、都市機能・防災上の重要性に応じた防災・減災対策の実施」や「まちづくりにおける防災・減災対策では地域のリスク低減に限界がある場合には、さらなる治水対策を検討」するよう、提言している。さらに(4)では「都市再生協議会や大規模氾濫減災協議会等の各種協議会の活用、関係者による情報共有・連携の体制の構築」や、「市町村を超えた流域・広域の観点からの水災害対策とまちづくりの検討」を挙げた。

 同省では今回の提言に基づき、水災害ハザード情報の充実や水災害リスクを踏まえて防災まちづくりを進める考え方、手法を示す「水災害リスクを踏まえた防災まちづくりのガイドライン」について、21年3月を目途にとりまとめを行なう予定。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2021年8月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

賃貸オーナーの不安払拭に向け、TOPICを確認!
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2021/7/27

「記者の目」更新いたしました

「観光」以外でも集客するホテル」配信しました!
積水ハウス不動産東京が5月に開業したホテル「YANAKA SOW(ヤナカ ソウ)」。開発計画当初はインバウンドをターゲットとしていましたが、コロナ禍での観光需要低下を考慮し方向性をチェンジ。開業時には、ワーケーションや二拠点居住への対応など…さまざまな使い方ができるホテルとしてオープンしました。