不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/9/3

景気DI、わずかながら回復/TDB

 (株)帝国データバンク(TDB)は3日、2020年8月の「TDB景気動向調査」の結果を発表した。有効回答数は1万2,000社。

 同月の景気動向指数(景気DI:0~100、50が判断の分かれ目)は、29.7(前月比0.6ポイント上昇)と3ヵ月連続でプラスとなった。国内景気は緩やかな持ち直しが見られたがわずかな回復にとどまった、今後は個人消費の持ち直しが期待されるが、横ばい傾向で推移する見込み。

 業界別では、全10業界のうち7業界でプラスとなったが、全業界で40を下回る低水準での推移が継続。「不動産」は33.1(同0.6ポイント上昇)となった。事業者からは、「BCP対策として企業が不動産を求めるニーズがある」といった声が挙がる一方、「インバウンドを含めた観光業の影響の多いエリアだが、GoToトラベルも不発で、7月後半以降業績が悪化している」という声もあった。先行きについても「新型コロナウイルス感染症の影響がどこまで続くか読めない」、「新型コロナウイルス感染症による出店見合わせや規模の縮小の影響が出るのは来年以降」など、同感染症関連で不安を感じる声が挙がった。

 企業規模別では、「大企業」(32.4、同0.7ポイント増)、「中小企業」(29.1、同0.6ポイント増)、「小規模企業」(30.0、同0.6ポイント増)といずれも小幅に上昇を継続。自宅内消費等が要因となり、景況感が二極化する傾向が表れた。

記事のキーワード 一覧

新着ムック本のご紹介

ハザードマップ活用 基礎知識

不動産会社が知っておくべき ハザードマップ活用 基礎知識
お客さまへの「安心」「安全」の提供に役立てよう! 900円+税(送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2020年10月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産テックの浸透で流通業務、管理業務はどう変わるのか?最新事情をレポート。
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムック防災・復興ハンドブック<改訂版>

自然災害に備えて!手元に常備しておきたい一冊

価格: 500円+税(送料サービス)

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 900円+税(送料サービス)

お知らせ

2020/10/1

「海外トピックス」更新しました!

vol.373 変わる食の風景と「ニュー・ノーマル」【マレーシア】」配信しました!
マレーシアは「外食天国」と呼ばれるほど、飲食店が多い国。開放的な簡易食堂や集合屋台、フードトラックなどなど、その業容のさまざま。しかし、コロナ禍で飲食をめぐる環境が一変。現地ライターがレポートします。