不動産ニュース / 調査・統計データ

2020/9/15

住宅ローン利用、「変動型」が最多

 (独)住宅金融支援機構は15日、「住宅ローン利用者調査(2020年5月調査)」結果を発表した。調査期間は、20年5月26~6月4日。19年10月~20年3月に住宅ローン(フラット35を含む)を借り入れた人を対象にインターネット調査を実施した。有効回答件数は1,500件。

 金利タイプ別利用状況は、「変動型」の利用割合が60.2%(前回調査(20年3月)比1.2ポイント増)と増加。「固定期間選択型」が26.6%(同0.1ポイント減)、「全期間固定型」が13.2%(同1.1ポイント減)といずれもわずかに減少した。

 今後1年間の住宅ローン金利見通しについては、全体では「現状よりも上昇する」が20.1%(同1.2ポイント減)、「ほとんど変わらない」が57.3%(同5.2ポイント減)と減少し、「現状よりも低下する」が10.9%(同3.9ポイント増)が増加した。

 フラット35以外の利用者が住宅ローンを選んだ理由は、「金利が低い」が72.6%で最多に。フラット35利用者では、「返済額を確定しておきたかった」が58.8%最多で、「金利が低い」が48.9%だった。

新着ムック本のご紹介

売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

知っておくと役に立つ!シリーズ第4弾 売買・賃貸 不動産トラブルQ&A
63事例を掲載。改正民法の注意点も分かる! 990円(税込み・送料サービス)

ご購入はこちら
NEW

月刊不動産流通

月刊不動産流通 月刊誌 2022年6月号
不動産実務に役立つ情報が満載!

不動産流通事業が新たな時代に…
ご購入はこちら

ピックアップ書籍

ムックハザードマップ活用 基礎知識

自然災害に備え、いま必読の一冊!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

ムック売買・賃貸 不動産トラブルQ&A

弁護士が63事例を解説!

価格: 990円(税込み・送料サービス)

お知らせ

2022/5/5

月刊不動産流通2022年6月号好評発売中!

「月刊不動産流通2022年6月号」が好評発売中です。購入はショップサイトから。
特集は、「不動産取引オンライン化 賃貸編」。「不動産取引の完全オンライン化」の実現を目前に、既に既にさまざまなシーンで取引のオンライン化を積極化している不動産事業者を取材。不動産実務の現場での成果やユーザーの反響、今後の課題を探りました。編集部レポートは、「リースバック事業 トラブル防止策」です。